体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『?』XXXTentacion(Album Review)

『?』XXXTentacion(Album Review)

 米フロリダ州プランテーション出身、1月で20歳のバースデーを迎えたばかりの新星ラッパー=エクスエクスエクステンタシオン(XXXTentacion)。その経歴は凄まじく、幼少期に傷害事件で更正プログラムを受け、母親の経済難で祖母の家に預けられて育ち、学生時代は校内で暴れまわるなど、典型的な“荒れた思春期”を送ってきたらしい。デビュー以降、2016年にも強盗及び暴行容疑で逮捕、同年10月には不法監禁と証人の買収、さらに女性への暴行容疑で再逮捕されている。

 音楽のキャリアについては、教会合唱団に参加したり、ヒップホップ以外にも、ハードロックやメタル等の音楽にも親しみ、ピアノやギターも独学で練習していたという。その独特のスタイルから、“パンク・ラッパー”と皮肉を込めた(?)ネーミングをつけられたりもしたが、それについては「様々なジャンルのアーティストにインスパイアされている」と自負している。影響を受けたアーティストには、カート・コバーンやザ・フレイ、ゴリラズ、それからコールドプレイの名前も挙げている。

 強烈なキャラクターとその才能を買われ、 多額の契約金でキャピトル ミュージックの傘下であるキャロライン・レコードと契約。「ドレイクにパクられた!」とディスったことが話題となり、2016年末にリリースしたデビュー曲「Look At Me!」が、全米ソング・チャート(HOT100)で34位、ラップ・チャート12位のヒットを記録し、表舞台に出現した。

 本作 『?』は、 全米アルバム・チャート(Billboard 200)で最高2位を獲得したデビュー作『17』に続く、通算2作目のスタジオ・アルバム。本作からは、最新の全米ソング・チャート(2018年3月24日付 HOT100)で17位まで上昇している先行シングル「Sad!」がヒット。あれだけ大騒ぎしたにもかかわらず、同曲ではドレイクそっくりに歌っているという、何とも皮肉な話……。 気だるく歌う「Moonlight」や、 マイナー調のメロウ 「Alone, Part 3」も、意識した感否めず。本作リリース前にも、ドレイクに噛みついた エクスエクスエクステンタシオンだが、おそらくアルバムのプロモーションも兼ねての戦略だろう。

 本作の目玉は、その「Sad!」 や 「Smash!」のような、いわゆるオルタナティブR&B的な曲だけではない。特にインパクトが強いのは「Floor 555」や、全盛期のキッド・ロックをコピーしたような「Schizophrenia」といった、 愛聴していたというハードロックの影響をモロに受けたナンバー。 オルタナティブ・ロックに近い 「Numb」や、 雄たけびを上げる 「Pain = Bestfriend」も、とてもヒップホップ・アーティストが歌っているとは思えない面白さがある。

 また、 シングル・ヒットが期待できそうな ダンスホール調の 「I Don’t Even Speak Spanish LOL」や、 レゲエをベースにした 「Going Down!」、 90年代ヒップホップを再現した 「Infinity (888)」などのアップから、 アコースティック・ギターの演奏をバックに、言葉を並べるようにラップする 「The Remedy for a Broken Heart (Why Am I So in Love)」~ もはや癒し系(?)の弾き語り「Changes」や 「Before I Close My Eyes」などのメロウも充実。銃乱射事件の被害者へ捧げた 「Hope」や 「$$$」 のような 今っぽいトラップもあるが、 エクスエクスエクステンタシオン“らしさ”は出ていない。

 ロックやR&B、フォーク、バラード曲など様々なジャンルが入り混じり、 孤独、不安、憂鬱……等の感傷的なフレーズが飛び交う本作 『?』 は、音楽評論家やコアなラップ・ファンが絶賛するのも納得できる、2018年を代表する傑作といえるだろう。ブリング182の トラヴィス・バーカーや、 PnB・ロック、ジョーイ・バッドアス等ゲストのチョイスもさすが。

 本作の発売日には強豪のリリースも無いため、前作の最高位を上回る、自身初のNo.1獲得も期待できる…かもしれない。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『?』
XXXTentacion
2018/3/16 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

新鋭ラッパーXXXTentacion、DV事件関連の新たな重罪に問われる
ザ・ウィークエンド、新曲のためにMVを撮影している姿が目撃される
ドレイク、新曲でマーダ・ビーツとコラボ インスタのコメ欄で明かす

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。