体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

熊本地震から約2年、阿蘇の今を伝えるメディア「あそおもい」

熊本地震から約2年、阿蘇の今を伝えるメディア「あそおもい」
J-WAVEで3月21日(水)にオンエアされた番組「JFL HOLIDAY SPECIAL ANYTIME FITNESS presents HELLO! HEALTHIER PLACE」(ナビゲーター:アンドレア・ポンピリオ、板井麻衣子)。健康的で心豊かなライフスタイルのアイデアとソーシャルマインドをシェアする9時間のスペシャルプログラムです。13時台は、アンドレアが訪れた熊本の旅の模様をお送りしました。

2016年4月14日に熊本を襲った大地震。その爪痕は今も深く残されています。アンドレアは熊本出身の友人が多いそうで、震災後に取材などで度々熊本を訪れてきました。まず向かったのが、阿蘇の情報を伝えるメディア「あそおもい」の代表・甲斐弘人さんの元です。

180323_Aso.jpg180323_Aso2.jpg

甲斐さんは、豊かな阿蘇の水を使い、阿蘇の水で育った食材を提供する創作料理屋「いちの川」を営むかたわら、震災後に「あそおもい」というメディアを立ち上げ、地元の情報を発信しています。各地域で抱える問題や、人々の思いや声を集めたフリーペーパーは、多くの人たちの助けを得て、徐々にメディア化していきました。

阿蘇の自然と人々の関わりについて、甲斐さんは「地震直後、目の前は真っ暗でしたが、横にある山や自然は何も動いてなかった。阿蘇の方々の心の支えになって、見えない力を与えてもらっています」と語りました。

震災後に訪れる人が減少し、メディアの報道も少なくなるなか「もっと安全な状況を伝えるなど、なぜフォローしてくれないんだろう」というもどかしい気持ちもあったとか。しかし最近は少しずつ考えが変わっているそうです。

甲斐:僕も被災を通して阿蘇を勉強して。阿蘇は噴火もありますし、お客さんに委ねるしかないんです。「100%安全です」とは言えない。大きな山は生きていますし、この生きてる阿蘇も含めて委ねるしかないです。知っていただいて、その上で生きている阿蘇に来たいのであれば、両手を広げ、最大限の準備をして「お待ちしています」という気持ちに変わりましたね。「とにかく来て」と叫びたいくらいに思っていたのですが、準備は本当に大事だなと。阿蘇の人々でつながって共有していく必要があると思っています。

オンエアでは、そのほか、熊本市の城下町のエリア・古町の魅力を伝える、早川倉庫の木造建築を新たなアイディアで守る早川祐三さんや、熊本を拠点に活動するアーティスト・三城賢士さんの「BRIDGE KUMAMOTO」の活動についてもお話を訊きました。

180323_Aso3.jpg180323_Aso4.jpg

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「JFL HOLIDAY SPECIAL ANYTIME FITNESS presents HELLO! HEALTHIER PLACE」
放送日時:3月21日(水)09:00-17:55
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/holiday/20180321/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy