体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【お取り寄せグルメレビュー】北海道、新潟、茨城、香川の地ビールを飲み比べてみた!

自腹で飲み比べ。実際どれが一番おいしいの?

CHINTAI編集部が“自腹”でお取り寄せをしてレビューする本企画。

4人の編集部員が各自5点満点で評価するので、それぞれの商品の満点は合計20点。4つの商品をメリハリつけて自分の好みのままに独断でレビューする。

今回は種類も豊富な「地ビール」! 暖かくなってきた近頃、外でビールを飲みたい!なんて人も多いのでは?

水が豊富な土地で作られることが多く、なかには個性的な銘柄も。今回は、北海道、新潟県、茨城県、香川県の4つの地ビールを飲み比べてみた。
北海道、新潟、茨城、香川の地ビールを飲み比べてみた!|お取り寄せグルメレビュー

北海道、新潟、茨城、香川の地ビールを飲み比べてみた!北海道 小樽麦酒ピルスナー(300円)

小樽市の北海道麦酒醸造が製造。地元の素材にこだわり、厳選した有機麦芽、有機ホップを使用したビールは、すっきりとした喉ごしとキレが楽しめる。
合計:16点
北海道の小樽麦酒ピルスナー|【お取り寄せグルメレビュー】北海道、新潟、茨城、香川の地ビールを飲み比べてみた!

北海道の小樽麦酒ピルスナー

小林裕美:4点
いわゆる王道的な味。苦味もそこまで強すぎず、喉ごしすっきり、味はあっさりとしているので、どんな食事も邪魔をしない味だと思う。普通に飲みやすく、特徴を表現するのが難しいが、毎日飲んでも飽きない味なので評価は高め。

中村祐介:4点
ピルスナータイプの地ビール。オーガニックをウリにしている。ピルスナーらしく、さっぱりした飲みごたえ。個性がないとも言えるので、個人的にはもう少し地ビール感が欲しかった。

西川将広:4点
注いだ瞬間からキメ細かく、クリーミィな泡立ちが「ウマそう」だと感じさせてくれる。苦味や炭酸がほどよく、喉ごしもよくて非常に飲みやすい。

志水清夏:4点
スッキリ・さっぱりの喉ごしに爽やかな味わい。ほどよいコクと苦みが効いたバランスの良さで、これぞビールという感じの安定感がある。際立って強いクセや特徴がなく、どんな食事にも合いそうなので定番といえばコレ。新潟県 こしひかり越後ビール(264円)

1994年の解禁によって日本の地ビール第1号を産んだエチゴビールが製造。新潟産コシヒカリを使ったスッキリとした喉ごしとキレが特徴の辛口ビール。
合計:14点
新潟県のこしひかり越後ビール|【お取り寄せグルメレビュー】北海道、新潟、茨城、香川の地ビールを飲み比べてみた!

新潟県のこしひかり越後ビール

小林裕美:5点
大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、米とビールにしてはいろいろ配合されているが、新潟出身ということでエチゴビールを普段からよく口にしている私には飲みやすい。フルーティーさもあり、さっぱりとしているので女性ウケもいいはず。

中村祐介:3点
新潟県の地ビール「エチゴビール」の中でも異色の一本。麦芽とホップに加え、国産コシヒカリの米を使って仕込んでいる。普通のピルスナーのビールと飲み比べても、非常にあっさりとした味わいでさらっと飲めてしまう。

西川将広:3点
炭酸が強めで、暑い日にクイッと飲みたくなるビール。泡立ちがよく、苦味は少なめ。コンビニなどで販売されている一般的なビールといった感じだ。コシヒカリビールというほどの“米感”は感じられなかったのでこの得点。

志水清夏:3点
透明感のある黄金色にきめ細かな泡が立つ新潟生まれのビール。炭酸強めでさっぱりとした甘さの後に、ちょっと残る苦みが後を引く。お酒が苦手な私も思わず「もう一口!」と飲んでしまう喉ごしの良さは、夏の暑い日にピッタリ。茨城県 常陸野ネストラガー(410円)

国内外で数々の受賞を果たした世界的にも有名な地ビール。1823年創業の木内酒造が製造。麦芽の旨味とホップの爽快な香りが感じられる淡色ビール。
合計:18点
茨城県の常陸野ネストラガー|【お取り寄せグルメレビュー】北海道、新潟、茨城、香川の地ビールを飲み比べてみた!

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy