体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

現代版ハイブリッド義足がカッコいい!サイボーグサバゲーマーに聞く義足までの道のり

現代版ハイブリッド義足がカッコいい!サイボーグサバゲーマーに聞く義足までの道のり

 サイボーグや機械の体って、SFやメカニカル好きな人にとって憧れのひとつで未来の物という印象が強いかもしれません。しかし今の時代、既に体の一部をサイボーグ化しサバイバルゲーム(サバゲ―)にも参戦できる義足が登場しており、昔描かれた未来がどんどん近づいています。そんな超高性能の義足の持ち主にお話を聞きました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 この高性能な義足を身に着けているのは、生粋のサバゲーマーである大塚一明さん。ある日SNSに義足の写真を投稿したところ、「カッコいい!」「これでサバゲとかすごい」「未来感半端ない」と反響が大きく、多くの好意的な反響が寄せられています。

■片足を取るか、命を取るか

 今でこそサイボーグの様な義足でサバゲ―を楽しむ事が出来ている大塚さんですが、ここまでに至るまでの間、大きな葛藤と苦しみがありました。

 大塚さんが足を切断する選択を迫られることになったのは、1995年に左足の膝に骨肉腫瘍を発症した事によるもの。当時大塚さんは24歳。サバゲ―は発症する前からの趣味でした。

 骨肉腫は若い人に発症率が高い筋骨格系のガン。他のガンと同様、放置したら全身に転移して死に至る病気です。日本での年間発生は200人から300人と言われており、「希少ガン」に類されています。主な治療は抗がん剤と手術でのがん組織の切除。

 大塚さんは足を切除しないと命にかかわると再三主治医から説得され続けていましたが、やはり片足を失う事は大きな恐怖。これまで同様の生活ができない、片足を失う事の恐怖は計り知れないものです。まだ年齢も若く今後の事も考えると足を失いたくない、そんな思いを主治医は受け止め、最初の手術はがん組織を含む部分をできるだけ取りつつ、足を残す為膝に人工関節を入れるという手術でした。

 人工関節置換術という手術は一度は成功したものの、ガン組織のある膝から下の筋肉をごっそりと取らざるを得なくなった事で足を動かす事がほとんどできない状態に。歩く事も儘らないため寝たきりの状態が続いたといいます。

 その手術から4か月後……膝部分の皮膚が溶け出してしまうという状態に。原因は不明。一度は膝から下を失う事なく手術に成功したものの、この皮膚が溶けるという状態が起こった事で大塚さんは膝の上部分から下を切除する事を決意し、義足となったのでした。

■片足を失ってから自由を手に入れるまで

 自分の体の一部を失うという事がどれほどの苦しみであるか想像がつかない人も多いかもしれません。当たり前にある腕や足がない状態。イメージがわかないでしょうしその状態でどう生活したらいいのかさえ見当も付かないのではないかと思います。

 大塚さんもやはり同様に体の一部を失う事への恐怖がとてつもなかったのですが、膝から下を温存しても筋肉を切除して寝たきり状態となった事から、「足が1本無くても自由に動けるなら、その方が幸せかな」と、気持ちに変化が出たそうです。

 そうした気持ちの変化と皮膚が溶けて保存的な治療が困難な状態となった事から、膝上部分から下を切断し、片足がない状態になる事を受け入れる事ができたのでした。そして失った片足の代わりとなるのが、義足。

 骨肉腫を発症した2年後、1997年に最初の義足に出会い、理学療法士や装具士と自身の運動量を相談して初号機を装着。ナブテスコ社製のインテリジェント膝継手というもので、膝関節部分をマイコンで制御して足の動きをより自然なものに近づけ使う人にあった歩行を補助するというもの。一昔前までは義足は海外製のものが大半でしたが、このマイコン制御型の空圧シリンダーを用いた義足は日本で最初に開発されたものなのだそう。


現代版ハイブリッド義足がカッコいい!サイボーグサバゲーマーに聞く義足までの道のり黄色い文字が入ったものが初代インテリジェント。階段を降りる際交互に足を出す事は出来ない
現代版ハイブリッド義足がカッコいい!サイボーグサバゲーマーに聞く義足までの道のりこの部分からマイコンに制御プログラムを送ったりデータをやり取りできる

1 2 3次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。