体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボーイング737MAX 9初号機,ライオン・エアに引き渡し

ボーイング737MAX 9初号機,ライオン・エアに引き渡し

 2018年3月21日(現地時間)、ボーイング737MAX 9初号機がローンチカスタマーのライオン・エア(タイ)に引き渡され、シアトルで式典が開催されました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 記念すべき初号機は、登録記号HS-LSH。引き渡し式典にはライオン・エアグループとボーイング民間機部門双方のCEOら経営幹部が出席し、記念のリボンカッティングが行われました。

 「ボーイング737MAX 9は、タイで成長する私たちのビジネスに完全にフィットする機材です。737は創業以来、私たちのビジネスにおけるバックボーンとなってきました。この機材で路線網を拡大し、新たにバングラディシュ、中国、インドへの新路線を開拓する予定です」と、ライオン・エアグループのダルシト・ヘンドロ・セプトロCEO(本人も現役737機長資格を持つ)は737MAX 9受領に際して語っています。

 ライオン・エアグループは、タイに拠点を置く東南アジア有数のLCCグループ。中核となるライオン・エアのほか、傘下にはボタム・エアテクニック、バティック・エア、ライオン・ボガ、ウィングス・エアの各社があります。路線もタイ国内をはじめ、ベトナムやマレーシア、バリ島などインドネシア各地を幅広く結んでおり、東南アジアをきめ細かくネットワーク化しています。

 機材の主力はB737(-900ER、-800)ですが、ライオン・エアグループではB737の機材更新を進めており、すでに2017年7月にはB737MAX 8を受領しました。このほかB737MAX 10を50機発注しており、B737MAX各型合計で200機追加発注分を含め、B737を最も多く運用する航空会社のひとつとなっています。

Photo:Boeing

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

新型対艦ミサイルLRASM・6回目の空中発射試験成功
レッドブル・エアレース王者も参加!エアショウ「Luke Days 2018」
全日空向けエアバスA380初号機・最終組み立て工場に主要部品到着

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy