体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2人目出産。陣痛が来たとき上の子と二人きりだったらどうしよう?

f:id:akasuguope01:20180115212310j:plain

「無事にうまれてくれるだろうか?」、「これが陣痛だ!と自分でちゃんとわかるのだろうか?」など、出産には毎回たくさんの心配があるものです。

私が二人目を出産する時には、一人目の時とは違った新たな心配の種がありました。それは「いざ陣痛がきたとき、上の子と二人きりの時間帯だったらどうしよう?」ということでした。

二人目の妊娠が判明した時、私は35歳。いわゆる高齢出産になるため、万が一のことを考えて総合病院で出産したいと考えました。ただ、総合病院だと融通がきかない面もあり、「出産の立ち会いは夫のみ」と決められていたので、出産の際に上の子を一緒に連れていくわけにはいきません。

私は上の子の時も陣痛から分娩まで5時間足らずのスピード出産だったため、二人目の出産はもっとはやくなる可能性がありました。もちろん陣痛はいつくるのか全く予想がつかないので、その時に上の子を誰に預けることができるのか、時間帯によってしっかりシミュレーションしておく必要がありました。

実家は県内ですが、車で2時間の距離なので、陣痛がきてからでは間に合わないだろうと思いました。産後はしばらく母に泊まりで来てもらうことにはなっていましたが、出産予定日ぴったりに赤ちゃんを産めるわけではないので、産まれる前に「〇日から来て」というわけにはいきません。

夫はというと、会社にいる時は仕事の内容によっては電話がつながらない時間帯があり、場合によってはすぐには仕事を抜けられないこともあるとのことでした。

上の子は幼稚園に通っていたのですが、陣痛がくるのが幼稚園にいる時なのか、送迎バスに乗っている時なのか、それとも、帰宅して家にいる時なのかによっても対応が変わってきます。

もしも幼稚園から帰る時間帯だったら、バス停まで誰も迎えに出ることができなくなってしまうので、幼稚園に連絡を入れて子どもに待機していてもらうことになります。

そんなわけで、出産準備として考えることは山ほどありました。一番良いのは夫が家にいる時間帯に陣痛がきてくれることですが、果たしてどうなることか…。予定日が近づいてくると、私は上の子のことばかり心配していました。 関連記事:「妻の毎日はこうだったんだ」 2人目の産後、育児・家事・仕事の3役に奮闘した夫

実際には、予定日よりも1ヶ月以上早い段階で、上の子の時にはなかった前駆陣痛が頻繁に起こるようになり、その後の妊婦検診の時に医師から「もういつ産まれてもおかしくない」と言われたので、心配した母が先に来てくれることになりました。

また、実際に陣痛が来て病院に行ったのは夜中だったので、主人に病院まで車で送ってもらえ、その間に眠っている上の子は母に任せることができたので、安心して出産に臨むことができました。

おなかの赤ちゃんが気を利かせて、絶妙のタイミングにしてくれたのかなぁと思っています。 関連記事:単身赴任で夫不在中に2人目出産!周りに助けてもらうための収納改革&連絡テクニック

f:id:akasuguope01:20171212161555j:plain

著者:koge

年齢:36歳

子どもの年齢:5歳、0歳8ヶ月

二人の女の子がいるアラフォーママです。下の子の成長は本当にあっという間に感じます。今は後追いと夜泣きに悩まされる日々です。最近、上の子の幼稚園の一人っ子のママたちが働き始めたりしていて、ちょっと焦る気持ちも出てきています。今のうちに何か資格でも取っておいた方がいいのかな、と考え始めています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

【医師監修】どんなお産がいいのかは、人によって全然違うもの。自分のお産は、自分がいいと思う産み方で。 荻田和秀先生(りんくう総合医療センター)に聞きました。
「2人目の出産は楽ちん」断じてそんなことありません!私は出産も後陣痛も辛かった…
焼き肉、雑巾がけ…たくさんある出産ジンクス。唯一私が成功した方法はコレ!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy