体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

糖質制限ブームで注目!世界的ハイクオリティーな『シタデール メープルシロップ アンバーリッチテイスト』の使い方は無限大!!

メープルシロップが、蜂蜜や上白糖に比べて低カロリー・低糖質であることから“糖質制限ブーム”をきっかけに、注目を集めている。なかでも希少価値が高いとされるのが、世界最大のメープルシロップ生産者組合であるシタデール製品。実はその『シタデール アンバーリッチテイスト』、日本でも入手可能なのだ!

 

その美味しさは殿堂入り!世界トップクラスのメープルシロップ

『シタデール メープルシロップ アンバーリッチテイスト 250g』(189ml・税別950円)をはじめとする「シタデール」ブランドは、ケベック州のメープルシロップ生産者組合(COOP)の厳格な基準に従って製造された製品の中で、日本市場に流通している唯一のメープルシロップ。1978年から、株式会社鈴商(東京都新宿区)が輸入販売を続けてきた。

カナダ・ケベック州にある、現在のシタデール本社。

「シタデール」は世界的にもハイクオリティなメープルシロップとして知られており、1999年に始まった世界のベストメープルシロップを決めるコンテストでは、第1回大会から5年連続で「シタデール」が受賞。なんと、同ブランドを殿堂入りとしてコンテストが廃止となった逸話もあるほどだという。

組合は1925年に発足、すでに90年以上の歴史を誇る。

そもそもメープルシロップとは、楓の樹液。ここまでは誰もが周知の事実だが、実は収穫できる地域が限られていて、収穫時期は2 週間前後、1本の楓からの摂取量が制限されている上、40リットルの樹液を煮詰めても1リットルのメープルシロップしか作ることができない。つまりは、とてつもなく貴重な天然甘味料なのである。

いまや近代的な工場で品質管理されるようになった、メープルシロップのトップブランド。

そんなメープルシロップは、蜂蜜や上白糖に比べて低カロリー・低糖質の上、“糖質制限ブーム”の今、砂糖代わりに使用する人が増加中らしい。

 

ちなみに『シタデール アンバーリッチテイスト 250g』の100gあたりの熱量は269kcal炭水化物は67.2g。日本食品標準成分表2015によると、蜂蜜は294kcal・炭水化物79.7g、上白糖は384kcal・炭水化物99.2gとされている。

 

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。