体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「軽を買うこと」にもしも抵抗があるなら、現行ポロの低走行中古車でどうか?

▲こちらが5代目となる現行フォルクスワーゲン ポロの後期型。実はコレの低走行系中古車、新車の軽自動車を買うよりもお安い総額で狙えてしまうのですよ

▲こちらが5代目となる現行フォルクスワーゲン ポロの後期型。実はコレの低走行系中古車、新車の軽自動車を買うよりもお安い総額で狙えてしまうのですよ

後期低走行ポロの総額はズバリ130万~160万円ぐらい!

何らかの事情により小さめの車を近々買う必要があって、そして検討の結果「たぶん軽自動車の新車が我が家的にはベスト」ということになったご家庭も多いと思います。

最近の軽自動車はどれもなかなかのモノですので、それはそれでナイスな選択です。

でも、もしかしたらあなたは心のどこかで「でもホントは軽じゃない方がいいんだけどね……」とか思ってないでしょうか?

え? 思ってない? なるほど、その場合はこの記事は完全スルーしてくださって結構です。多少なりともお時間をお取りし、失礼しました。

しかし「実はそうなんだよね……」という人には、ひとつ提案がございます。

それは「軽の新車を買うよりも断然お安い支払総額でドイツ車、具体的には5代目となる現行フォルクスワーゲン ポロの低走行中古車を買ってみるのはどうでしょう?」というアイデアです。

ご予算を申し上げますと、新車の軽自動車を買う場合は(もちろん車種やグレードによりますが)代表的な売れ筋モデルで、値引き後の総額が180万円前後といったニュアンス。

それに対して現行フォルクスワーゲン ポロの中古車は、安全装備が充実した2014年8月以降の後期型で、かつ走行1.9万kmまでの物件が総額130万~160万円ぐらい。……悪くない勝負のように思えるのですが、どうでしょうか?

▲フォルクスワーゲンのエントリーモデルであるポロ。現行型は2009年10月登場ということでモデル末期ではありますが、細かなマイナーチェンジを行いながら現役として頑張っています

▲フォルクスワーゲンのエントリーモデルであるポロ。現行型は2009年10月登場ということでモデル末期ではありますが、細かなマイナーチェンジを行いながら現役として頑張っています

▲2014年8月のマイナーチェンジで、プリクラッシュブレーキシステムやドライバー疲労検知システムなどを全車に標準装備し。アイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムも標準装備になりました

▲2014年8月のマイナーチェンジで、プリクラッシュブレーキシステムやドライバー疲労検知システムなどを全車に標準装備し。アイドリングストップやブレーキエネルギー回生システムも標準装備になりました

その走りっぷりと所有する満足感はやはり軽とは次元が違う

ここで簡単に「現行フォルクスワーゲン ポロとはそもそもどんな車か?」ということをご説明いたします。

フォルクスワーゲンというと「ゴルフ」が有名ですが、ポロというのはそのひとつ下のクラスに位置する、昔からあるモデルで、ボディサイズはトヨタ ヴィッツとほぼほぼ同じぐらい。

超初期モデルだけはちょっと違うのですが、主に流通している年式のエンジンは近年の思想に基づく1.2Lターボまたは1.4Lターボで、1.6~2Lクラスの力強さがありながら、燃費性能的にはあくまでも1.2~1.4Lクラスという、かなりナイスなエンジンです。

走行性能全般を見ても「さすがはドイツ車」「さすがはフォルクスワーゲン」というほかないニュアンスの、かなり安心して走れる安定っぷりを披露する車です。

具体的には、高速道路のやや下りながら曲がるようなカーブを走る局面や、諸事情により少々速度を上げる必要がある際に、「あれ? そう言われてみるとさっきからぜんぜん不安感がないんですけど?」と思わず驚くような感じ……といえばわかりやすいでしょうか。

そして燃費も、カタログ値で22.2km/L(JC08モード)(※2015年式TSI コンフォートライン ブルーモーション テクノロジーの場合)。30km/L以上のカタログ値である場合も多い最近の軽自動車にはさすがに負けますが、これでも十分「好燃費な車」だとは言えるはずです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。