体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安全運転に一役! ドライバーの表情と感情を読み取るシステム登場

カメラやマイクが常にあなたの表情や声をとらえ、感情や状態を分析する−。と聞けば、監視されているみたい、気味が悪いと思うかもしれない。

しかし、米国マサチューセッツ拠点のスタートアップ「Affectiva」が手がけるのはその技術を応用した運転アシストシステムだ。居眠り運転の兆候などをいち早くキャッチし、安全運転をアシストする。

・瞬き回数や頭の動きをキャッチ

このシステムは、カメラとマイク、ソフトウェアで構成される。取り付けたカメラがドライバーの表情をとらえ、マイクが声を拾う。そのデータを人工知能が分析する。

たとえば、眠くなってくるとまぶたが重くなり、頭がぐらつく。カメラではそうしたまぶたの動き、瞬きの回数、頭の動きなどをキャッチする。それにより、居眠り運転しそうだとか、スマホの操作で注意が散漫になっているとかいったことがわかる。

・世界646万人の表情を分析

また、このシステムでは居眠りだけでなく、ドライバーが感情的になっているかどうかも推測する。たとえば、口の開閉や怒声などからドライバーが「怒っている」ということを認識する。

システムの開発にあたり、Affectivaは87カ国646万人の表情のデータベースを作成。これをもとに機械学習させている。

車に搭載することを前提に開発され、居眠りなどを感知すると自動でブレーキがかかる、といったオートメーション化につなげたい考えのようだ。

毎日のようにある居眠り・脇見による交通事故、そして最近よく耳にする高速道路での激昂運転なども、この技術で防ぐことができるようになるかもしれない。

Affectiva

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。