体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上の子のときは準備万端だった1歳の誕生日。2人目は…どうしよう!?

f:id:akasuguope01:20171220083839j:plain

1人目の時は、1歳の誕生日がとても特別な物だと思っていました。誕生日のかなり前からどんなイベントをするか、どんな食事にするか、何をプレゼントするかなど考えていました。

1歳になると赤ちゃんではないんだなぁという、何だか寂しいような気持ちにもなりました。友人たちも同じような気持ちだったようで、「成長が嬉しいような寂しいような不思議な感じだね」と話したのを覚えています。 関連記事:気合を入れて臨んだ一歳の誕生日会。うっかりミスで一升餅が届かず…

そして2人目となると、あっというまに1歳の誕生日が近づき、何も考えていなかったのでとても焦りました。

まず誕生日プレゼントも上の子のおもちゃがあるので、特に必要な物もなくとても悩みました。「自分も使える物を買ったらどう?」と母から提案され、楽器を選びました。

今3歳の上の子も一緒に楽しむことができているので、長く使えそうで良かったなと思っています。上の子の時はイベントとして自宅で将来占いの選び取りをしたのですが、そのようなイベントもすっかり忘れており、誕生日が過ぎてしまいました。 関連記事:1歳の誕生日に作った特大サイズのケーキに大盛り上がり!手作りで見た目もお腹も大満足

そんな時に、育児用品のお店のイベントで1歳のお誕生日会が開催されていたんです。

選び取りと一升餅を背負うという内容でした。誕生日を過ぎて自宅でやる気持ちにはなりませんでしたので、お店でイベントをしてくれていてとても嬉しかったです。

写真も撮ってもらえたのでとても記念になりました。家ではなかなかできない飾り付けもしてくれていて、華やかな写真を撮ることができ良かったです。

同じ年齢の子どもが集まっていたので親同士も話がしやすかったですし、離乳食やお昼寝の悩みも話していて、みんな色々だなと思うと何だか安心できました。

1歳の子どもに合わせたお菓子や飲み物などのサンプルもお土産に頂けたので、商品を知るきっかけにもなったのも嬉しいポイントでした。このようなイベントに参加するのもいいものだと思いました。

上の子の時はあんなに一生懸命考えて誕生日をお祝いしてあげたのに、下の子の時は慌てて用意し、あまり考えることもなく当日になってしまったので「かわいそうなことをしたな、もっとちゃんと考えてあげたらよかった」と後悔しました。

母に「それは仕方ないよ、初めての時はだれでも一生懸命になるし、下の子の時は上の子もいて環境が違うんだから、やってあげたいと思ったことをできるときにやってあげたらいいよ」と言ってもらい心が軽くなりました。

上の子の時とは違う誕生会になりましたが、思い出に残るイベントになりました。

f:id:akasuguope01:20171220082048j:plain

著者:もも

年齢:38歳

子どもの年齢:1歳、3歳

おとなしくて真面目なお兄ちゃんとお転婆で愛嬌たっぷりの妹の2児のママです。毎日忙しいですが楽しく充実しています。普段は上の子が幼稚園なので、休みの日はイベントを探し色んなところに出かけています。子どもとのかけがえのない毎日を大切に過ごしていきたいと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

暗黒の日々に突然降り注ぐ“お宮参り”のまばゆい光。沸き立つ家族の影に潜むのは… by まきりえこ
義両親を招いて祝った1歳の誕生日。手作り料理を用意して大忙し!
6ヶ月の赤ちゃんを連れて友人の結婚式へ。事前準備と周囲への配慮を忘れずに!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。