体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「信用」と「信頼」は微妙に意味が異なる! 知ると得する“言葉の違い”を解説

「信用」と「信頼」は微妙に意味が異なる! 知ると得する“言葉の違い”を解説
J-WAVEで放送中の番組「GOOD NEIGHBORS」(ナビゲーター:クリス智子)。3月20日(火)のオンエアでは、文献学者の山口謠司さんに、「語感力」をテーマにお話を伺いました。

■「語感力」とは?

まずは「語感力」の意味について。

山口:英語では“synonym”(シノニム)と言いますね。同じ意味の言葉を上手く使い分ける力を“語感力”と言います。語感力があると、「言葉の違いを知っている」と感じてもらえます。
クリス:たとえば、仕事であれば「了解しました」よりも「承知しました」のほうがいい、なんて言いますよね。ちょっと堅いかなと思いますが、そちらのほうがいいんですよね?
山口:そうですね。「承りました」とか。
クリス:ここでいう語感には、音の響きも含まれるのでしょうか。
山口:そうです。「承りました」はやさしい感じがしますが、「かしこまりました」は堅い感じがするなど、音や、漢字の見た目の印象、聞いたときの印象など様々です。

似ているふたつの言葉でも、微妙な違いがあるものも。いくつか山口さんに解説していただきました。

■「信用」と「信頼」

山口:銀行には「信用組合」はありますが「信頼組合」はありません。ここに違いがあります。「信頼」というのは個人的に信頼することで、「信用」というのは公的・社会的な信用です。

■「わび」と「さび」

山口:この時期、桜が満開になり散っていきますが、(これで例えると)「さび」というのは、金属がさびていくのと同じ意味で、花が散ってしまうことです。対して「わび」というのは「わびしい」という、自分の中で足りないような意味で、花がまだ咲いていない状態です。朽ちていくのも、足りないのも、色々なところに美しさを感じるのが「わび・さび」です。

■「妻」「嫁」「奥さん」「女房」

山口:50代は「女房」、40代は「嫁」、30代は「妻」、20代は「奥さん」という傾向が多いといわれています。

ちなみに本来「嫁」というのは、ご主人の両親が「うちの嫁」と使う言い方で、夫が言う場合の正解は「妻」だそう。

山口:これは万葉集の時代から、女性は「妻」、男性は「夫」というのが正式でニュートラルな言い方です。戸籍上の「配偶者」は「連れ合い」の意味、「家内」は「うちの中にいる人」という意味なので、今の共働きになるとおかしいです。
クリス:家内じゃないですもんね。
山口:そういう意味でいえば、「奥さん」というのも「大奥」からきているので、自分でいう言葉ではなく、外のかたが呼ぶのであればよいです。

最後に、語彙力や語感力を鍛える方法を山口さんに訊くと、自分で読む「音読」を薦めました。目で読み、自分の口に出し、耳で聞くので、3つ使うのでよいといいます。毎日1分でも音読することで、自分の語彙力への気づきや、普段の使い方にも変化がでるそう。自分の語感力を磨きたいというかたは、実践してみてはいかがでしょうか?

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「GOOD NEIGHBORS」
放送日時:月・火・水・木曜 13時−16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。