体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“大人のボタニカルライフ”を発信するフラワーショップが誕生!


3月29日(木)に開業する「東京ミッドタウン日比谷」。大人のための、ラグジュアリー感溢れる商業施設として注目を集めているが、その中に新コンセプトのフラワーショップ「BIANCA BARNET BY OASEEDS (ビアンカ バーネット バイ オアシーズ)」がオープンする。


このお店は、花や植物を販売するだけでなく、室内と半屋外をイメージしたスペースに日々の暮らしを楽しむための雑貨や書籍等を揃えた、“大人のボタニカルライフ”=“植物を生活に取り入れるライフスタイル”を発信するフラワーショップ。

第一園芸が2017年7月に立ち上げた空間装飾ブランド「OASEEDS (オアシーズ)」がプロデュースしていて、2m×7mの巨大な壁面緑化も見どころの1つ。壁面緑化には、春に相応しく桜の花びらがひらひらと落ちる様子を映像投影する。


店内では、The Keiryu Companyがドイツの先端技術を応用して設計製作した渓流ユニットで渓流の風景を再現。川のせせらぎなどまるで本物の自然の中にいるような空間を演出する。


さらに、花や植物をモチーフとしたオリジナルアクセサリーも販売予定だ。

最先端の流行発信地として期待されている「東京ミッドタウン日比谷」。その地にふさわしい、五感を刺激する緑のショールームが誕生しそうだ。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。