体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スカイツリーが初めて消灯!3月24日の「アースアワー」とは?

スカイツリーが初めて消灯!3月24日の「アースアワー」とは?
J-WAVEで放送中の番組「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「MORNING INSIGHT」。3月22日(木)のオンエアでは、J-WAVE「ZAPPA」日曜担当ナビゲーターで公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(以下、WWFジャパン)顧問の前田智子さんをお迎えし、地球の環境保全のための取り組み「EARTH HOUR(アースアワー)」についてお話を伺いました。

前田さんは2011年にミス・コンテスト「ミス・アース」の日本代表に選ばれたことをきっかけに、WWFジャパンと関わるようになりました。

前田:このコンテストは世界四大ミス・コンテストのなかで、環境問題の取り組みに特化したコンテストなんです。自分がミス・アースの日本代表になったときに、スポークスウーマンとして一体どんな活動をしたらいいのかとか、どんなことを伝えていくべきかにものすごく迷い、いろんなところに「勉強させてください」と訊ねていました。

その際に、「アースアワー」を手がけるWWFジャパンと交流が生まれ、2017年から前田さんが顧問に就任。WWFは、世界およそ100カ国で活動する、地球の環境保全を行う団体です。地球温暖化防止や持続可能な社会の創造、野生動物や森や海の保護などといった活動を行っています。取り組みのひとつである「アースアワー」とは、どんなものなのでしょうか。

前田:とっても簡単で、「世界中でそれぞれの現地時間の20時30分から21時30分までの60分間、電気を消す」というアクションなんです。このアクションを通して、「青い地球を未来に残したい」「地球温暖化をなんとか食い止めたい」というステートメントを発信するプロジェクトです。

3月24日(土)にWWF JAPANが主催するアースアワーのイベントが日本の3カ所で開催されます。横浜・みなとみらい、広島・平和記念公園、そして東京・東京スカイツリータウンです。東京スカイツリータウンでは「EARTH HOUR 2018 @ TOKYO SKYTREE TOWN®」が開催されます。スカイツリーが消灯するのは、今年が初めてなのだとか。

当日は、「EARTH HOUR 2018サポーターズ」を務める、さかなクンさんのトークショーがおこなわれる他、J-WAVEプロデュースによる、シンガーソングライター・Michael Kanekoさんのアコースティックライブ、写真家のハービー・山口さんのトークショーも開催されるなど盛りだくさんの内容になっています。

アースアワーの活動を知ることで、より多くの人が地球の環境保全を意識するきっかけとなるはず。ぜひ、みなさんもこの活動やイベントにご参加ください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」
放送日時:月・火・水・木曜 6時−9時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy