体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎世界観、泣いているファンは「嬉しい」 ステージから見える景色

尾崎世界観、泣いているファンは「嬉しい」 ステージから見える景色
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(月曜担当ナビゲーター:尾崎世界観<クリープハイプ>)。3月19日(月)のオンエアでは、尾崎がモヤモヤしていることを語りました。

冒頭では、イライラしたことについて、リスナーのメッセージを紹介しながら語りました。

「雨の日、満員電車に傘を閉じずに乗って来た人がいて、足が濡れてしまいイライラしました。尾崎さんは最近イライラしたことはありますか?」

尾崎:みんな濡れたってことですね。でも、傘を閉じるのめんどくさいですよね。本屋に入ったときに細いビニール袋に入れるのも面倒。でもやっぱ本は濡れたらマズイですからね。そこはちょっとした努力というか、ちょっとした気遣いでみんなが幸せになれるんですけどね。

そして、「イライラしたことはあるか」という質問には、「モヤモヤすることはありますね。J-WAVE NEWS!」と、このサイトについて思うことを語りました。

尾崎:あれがねえ、またなんとも言えないところを切り取るんですよ。なかなか文字にしづらいんですよね。気持ちで喋ってるからね、こっちも。それを書き起こそうという浅はかな考え……(笑)、いや番組を広めようとニュースにしてくれるのはすごくありがたいんですけど、『なんかちょっと、そうじゃないんだよな』と(思うことがある)。言うなれば、ホカホカのご飯を冷めた状態で出したような感じ。冷めた状態でもおいしいごはんってありますよね。だから、「冷めた状態で食べる」という想定でお客様に提供していただきたいなと思うんです。……って、こうやって言ったってことを、ぜひニュースにしてください。お願いします(笑)。

記事では伝わりきらないトークの面白さ、雰囲気……番組の魅力を、ぜひradikoで聴いてたしかめてみてくださいね。

■ステージから「泣いている客」は見える?

リスナーの日々の疑問に尾崎が答えるコーナー「生80円てホントかなぁ?」では、以下のメッセージを紹介しました。

「SNSでよく見る『今日のライブ感動した! 最初から最後まで号泣だった』ってホントかなあ? クリープファンに多い気がします。ステージからも客席はけっこう見えると聞きますが、泣いている人は多いですか? 2時間号泣って相当なエネルギーだと思います」

尾崎:泣いている方は、見えますね。嬉しいですけどね。感情のゴールではあるじゃないですか、大泣きとか大笑いって。ただ、2時間号泣ってなると、体調悪いのかなとか、そっちの心配にもなってきますよね(笑)。要所要所で泣かないと。使いどころですからね。強気で何しても動じない人が流す涙と、いつも泣いている人の涙って、価値が違ってきますから。今度から、ライブの前に「ここだ」って時間帯があったら明記しておきますね。1時間28分頃、とか。そこに合わせて涙腺を徐々にゆるめていってほしいと思います(笑)。

他には、尾崎が発売したばかりの日記集『苦汁200%』と、それにあわせたイベントについてのトークもありました。こちらも要チェックです!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。