体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Telloを操縦するためのアプリ「Tello」がリリース

DJIのテクノロジーを活用している「Tello」は国内でも発売され、次々に予約者の手元にも届けられています。
そこで今回は、Tello を操縦するのに必要となる「Tello」アプリのリリース情報をご紹介します。
Tello は中国の Ryze Robotics 社によって開発された高機能なトイドローンで、DJI のドローン技術がふんだんに盛り込まれており、トイドローンながらも非常に楽しめる機体に仕上がっています。
Tello はプログラミングに対応しているのでドローンアプリを開発・学習したい方の良いおもちゃにもなると思います。
Tello アプリは DJI Go 4 とは別のアプリとして配信されており、Tello のために開発されています。
操縦画面も DJI Go 4 とは全く違うようです。
カメラのライブ映像が表示されるフライト画面上の仮想ジョイスティックを使って機体を制御し、右側のシャッターボタンで写真や動画を撮影。
上部の各種ボタンで Tello の機能を呼び出すという内容です。
一般的なドローンアプリと大差ない作りです。
Tello」(Google Play)

■関連記事
Sony、5秒で起動し携帯性に優れたモバイルプロジェクター「MP-CD1」を国内発売
ソフトバンク、ホークス戦の試合映像をVRライブストリーミングする実験を実施
気象庁、緊急地震速報のシステムをリニューアルして震度予想の精度を向上

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy