体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スープラ以外にも話題車続出! ジュネーブモーターショーから注目車をチェック

スープラ以外にも話題車続出! ジュネーブモーターショーから注目車をチェック
J-WAVEで放送中の番組「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」(ナビゲーター:ピストン西沢・松嶋初音)。3月18日(日)のオンエアでは、自動車ジャーナリスト・河口まなぶさんの「ジュネーブモーターショー2018」のレポートをお送りしました。

自動車メーカーがないスイスで開催されるジュネーブモーターショーは、どこの国のメーカーもフラットに展示されているのが特徴。河口さんいわく「他のショーと違うのは、小さな自動車メーカーやチューニングメーカーがたくさん出展していて、毛色が全く違うショー」とのことです。

■「GR スープラ レーシングコンセプト」

そんなジュネーブモーターショーから、気になるトヨタの「スープラ」について伺いました。

河口:今回のスープラはレーシングカーの姿で登場しました。LM-GTEというル・マンなどのカテゴリーに適合する車として登場してきたんです。このカテゴリーは最も改造範囲が広いんですが、レーシングカーを想定したときに最も改造範囲が広いカテゴリーに適応しておけば、それ以外にも適合しやすい、あとからレーシングカーにモディファイしやすいものを作れるという考え方です。トヨタは「GR」というブランドを新たに立ち上げてスポーツカーを送り出しますが、このスープラがその専用の1号車になるんじゃないかと思われます。

その他の日本メーカーでは、スバルが次期レヴォーグといわれている「SUBARU VIZIV TOURER CONCEPT」や、レクサスが「UX」というコンパクトなSUVの市販車を発表しました。ちなみにUXはチーフエンジニアが女性で、ダッシュボードが低く見通しがよいなどの特徴が見られたそうです。

■海外メーカーの注目車は?

続いて、気になる海外メーカーについて訊きました。

河口:メルセデスからは、「AMG GT」というスポーツカーの4ドアバージョンが出ました。E63ワゴンをベースにしてハッチバックなので、ポルシェパナメーラや、アウディのA7にガチンコでぶち当ててくる車。かなり売れると思います。もう一つすごいのはマクラーレンの「マクラーレン・セナ」です。名前だけでもすごいですが、「マクラーレン・セナGTR」というレーシングカーがもう出てます。

注目車を一通り聞いた後で、西沢は「マクラーレンもすごいけどAMGの4ドアが引っかかるな。俺、壁紙にして毎日見てよう」とかなり気になっている様子でした。

河口さんの「ジュネーブモーターショー2018」の詳しいレポートは、河口さんのYouTubeチャンネルでもみることができるそうなので、興味のある方はぜひチェックしてみてください!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「BRIDGESTONE DRIVE TO THE FUTURE」
放送日時:毎週日曜 19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/drivetothefuture/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。