体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高速隊の覆面パトカー内で交わされる会話とは?

高速隊の覆面パトカー内で交わされる会話とは?

高速道路交通警察隊(高速隊)は、交通機動隊が交通取り締りを専門とするのに対して、事故処理やパーキングエリアなどで起こった事件捜査も任務に含まれています。高速道路を含む有料道路で起きた事件は、すべて高速隊の担当です。そんな高速隊の覆面パトカー内では、どんな会話が交わされているのでしょう。

高速隊の覆面パトカーは後方も警戒

「覆面パトカーは第1通行帯を大型トラックの前で身を潜めて走っています。前を見ながらも、追い上げてくる違反車がいないか後方警戒。第2通行帯を走っているクルマも携帯電話を使っていないかとかチェックしている」とは高速隊OB。このため、高速隊の覆面パトカー車内は「ムダ口は少ない」と話します。

ただし「新人が入ってくると、ベテランがハンドルを握りながら、いろいろ教えます。取り締まりの現場というのはケースバイケース。なので、いろいろ見せて取り締まり方を覚えさせます」と、覆面パトカー内の様子が少し変わるようです。

「私は教える方でしたが、昔は一切教えないで『見て覚えろ!』という職人気質の人もいました。高速隊に限らず、警察組織の中でも“隊”が付く部署は体育会系というか、現場での先輩後輩の関係がハッキリしています」と話します。

「新人隊員に頃合いを見計らってハンドルを握らせると、いろいろやってくれます。速度違反車を見つけても、すぐに車線変更をして追い上げていくと気づかれますから、間合いをとってから車線を変更して追尾します」というのが通常です。

高速隊の覆面パトカーはピリピリ

しかし「こっちは80km/hで走っていたわけですから、150km/hで走っている違反車に追いつくためには、相手以上のスピードを出さないと追いつけない。そうなると事故ることもありますよ」というのです。

「覆面パトカーなら赤灯を下げれば一般車ですが、黒白パトカーが事故っていると目立ってしょうがない。レッカー車が来てカバーをかけるまではさらし者です」ということもあるようです。

「高速隊は男所帯なんで女性の話も尽きません。女性ドライバーを捕まえた後は、キップで年齢を確認して『見た目より…』と話したり、分駐に戻っては『後部座席がいい香りだよ』なんていったり」するといいます。

高速隊の覆面パトカーは「乗務中はピリピリしていますが、分駐に戻れば男子校の部室です。後輩連中はキップの処理で戻ってからが大変なんですけどね」と話してくれました。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy