体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アクの少ないたけのこを使用した「たけのこ御膳」

3月21日放送の「よじごじDays」(テレビ東京系、午後16時00分~)では、旬のタケノコを特集した中で、「たけのこ・本店」(千葉県夷隅郡大多喜町)が紹介された。

同店は、いすみ鉄道総元駅から徒歩3分ほどの場所にあるたけのこや山菜を使用した郷土料理がいただけるお店。

番組では、お店のメニューとして「たけのこ御膳」(3,780円/税込)が紹介された。
「たけのこ御膳」は地元でよく食べられている3月中旬~5月限定のメニュー。焼きたけのこ、たけのこ御飯、みそ汁がセットになっている。このメニューのたけのこはアクが少ない為、アク抜きが要らないそうだ。焼きたけのこは蒸したたけのこに田楽味噌をぬってバーナーで炙った一品。たけのこ御飯は生のままたけのこを細かく切って鍋の中へ入れて砂糖と三温糖を加えて軽く炒めてしょう油を入れて約5分煮る。これを御飯とよく混ぜて完成だ。みそ汁はたけのこの出汁が特徴となっている。生のたけのこを水から火にかけ茹でて煮立ったらカツオ出汁と味噌を入れて作る茹で汁を活用したみそ汁だ。

庄司智春さんが「焼きたけのこ」をいただくと「あっ!美味しい!甘いですね!普段食べているたけのこより全然甘いです。初物でしか味わえない味がありますね!」とコメントし、その後「たけのこ御飯」を食すと「ん~!うまい!御飯にもちゃんんとたけのこの味が染み込んでいる」とコメント。さらに「みそ汁」をいただくと「あ~美味しい!たけのこの出汁がとれている」と絶賛した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:郷土料理たけのこ 本店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:勝浦のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:勝浦×和食のお店一覧
鎌倉野菜をたっぷり味わえる「サラダキーマカレー」
酸味を残した究極の「アップルパイ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。