体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【猫との暮らし】賃貸でスコティッシュフォールド6匹! 狭くても猫アレルギーでも快適に過ごすコツ

2DKでも猫との多頭暮らしを楽しめる

猫と暮らしたい。むしろ猫に囲まれたい。夢のような暮らしだけれど「賃貸だから」とあきらめている人もいるのでは?

アパートでもマンションでも、実はもふもふの癒やし空間を実現できる! それを証明してくれるのが、2DKの賃貸マンションで6匹のスコティッシュフォールドと暮らすひらまたまさん。すぐまねしたくなる数々のアイデアを紹介しよう。
部屋では猫たちが思い思いの場所でゆっくりくつろいでいた|【猫と暮らす】賃貸でスコティッシュフォールド6匹! 狭くても猫アレルギーでも快適

部屋では猫たちが思い思いの場所でゆっくりくつろいでいたプロフィール

名前:ひらま たま
職業:デザイナー
居住形態:夫婦2人暮らし+6匹
猫にかかる月々の費用:約20,000円ルームデータ

所在地:東京都江戸川区
家賃:93,000円(管理費5,000円)
間取り:2DK(44.7㎡)
築年数:23年猫プロフィール

たま(オス・6歳):父。甘えん坊
もも(メス・6歳):母。ツンツン
まる(メス・5歳):ちょっといじわる
トマ(オス・5歳):ワガママな末っ子キャラ
ゆり(メス・4歳):不思議ちゃん
みみ(メス・4歳):活発で運動神経NO.1
ひらま家の猫たち|【猫と暮らす】賃貸でスコティッシュフォールド6匹! 狭くても猫アレルギーでも快適

ひらま家の猫たち5年前に1匹を迎えてからあっという間に大家族!

「もともと主人が猫好きで、いつか飼いたいと話していたんです。5年前に私がペットショップで“たま”を見かけて、思わずそのまま連れ帰ってしまいました(笑)」(ひらまさん)

その数ヵ月後にたまにそっくりな“もも”に出会い、「運命かも!」と舞い上がり、自宅に迎えることに。それから2匹の間に子猫が生まれ、合計6匹の大家族になった。「人間と猫、2世帯が同居しているようで賑やかですよ」とひらまさん。

ひらまさんは「勢いばかりで飼い主として恥ずかしい」と言うが、2DKの室内は猫のための工夫がたくさん。何よりも驚くのは、ひらまさんが猫アレルギーであること! 人と猫の2世帯が快適に暮らすためのコツを紹介しよう。
賃貸でスコティッシュフォールド6匹と暮らすひらまたまさん|【猫と暮らす】賃貸でスコティッシュフォールド6匹! 狭くても猫アレルギーでも快適

賃貸でスコティッシュフォールド6匹と暮らすひらまたまさん猫と快適に暮らすための3つの工夫【猫と暮らす工夫①】猫アレルギー対策は抜け毛の付着を防ぐことから

猫アレルギーの原因はさまざまだが、ひらまさんは寝具やソファに抜け毛が付くのを防ぎ、各部屋に空気清浄機を置くことで軽減できているという。

「寝具とこたつ布団はアウトドアブランド『ロゴス』のシュラフに変えました。シャカシャカした素材なので抜け毛がつかないんです。ソファもペットの毛がつきにくいものを通販で。掃除がしやすくて便利ですよ。空気清浄機は3台をフル稼働です」(ひらまさん)
シングルベッドを2台つけて広々と。猫たちを遊ばせても階下に響かないので安心|【猫と暮らす】賃貸でスコティッシュフォールド6匹! 狭くても猫アレルギーでも快適

シングルベッドを2台つけて広々と。ベッドの上なら猫たちを遊ばせても階下に響かないので安心
布製の家具は素材選びが鍵。猫たちの爪とぎ場所が限られているので傷もつかない|【猫と暮らす】賃貸でスコティッシュフォールド6匹! 狭くても猫アレルギーでも快適

1 2 3次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy