体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沼津の新名物「シーラカンス焼き」が誕生したワケとは

沼津の新名物「シーラカンス焼き」が誕生したワケとは

 「ラブライブ!サンシャイン!!」のAqours 2ndSingle 「恋になりたいAQUARIUM」のPVでモデルとなった沼津市三津にある「伊豆・三津シーパラダイス」周辺は、ラブライバーたちの聖地として人気をあつめていますが、もともとはアジの開きや桜エビなどの海産物で有名な場所。そこで、あるダイビングショップのオーナーがOPENしたパンケーキ屋さんが、ネット上をざわつかせています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 シーラカンスの形をしたシェイプドパンケーキを販売している「しーらかんすCafe」さん。こちらのオーナーである矢島さんは、長野県生まれ。山に囲まれていたせいか海への憧れが強く、次第にダイビングに魅せられて遂には静岡県駿東郡清水町にダイビングスクール&ショップをOPENしたそうです。今年で開業して27年目となり、さらに通算8000ダイブを目前に「何か新しい目標を持とう!」と始めたのが「しーらかんすCafe」だったとか。



 お店は、沼津駅からタクシーで20分~30分ほど。バスも出ています。駿河湾を右手に眺めながら県道17号線を海沿いに進んで行き、内浦漁協を少し過ぎると、左手にかわいいお店が見えてきます。そこは車2、3台分ぐらいしか入らないような小さなスペース。セブンイレブン伊豆・三津シーパラダイス前店の向かいにありました。お店の前には、5人程度座れるイート・インスペースも完備され、ちょうど筆者が日曜日に訪れた際には、2、3人の客が、訪れていました。シーラカンスの形をした特徴的な形は一体、どのように生まれたのか、シーラカンスCafeの矢島伸浩さんに詳しく聞いてきました。



―もともとダイビングショップからCafe営業と全く業態が違いますが、生地の焼き方などはどこで勉強されたのですか?

東京のカッパ橋にある藤田道具さんで年に数回行われている「たい焼き実演講習会」で基礎から一連の流れを学びました。

―もっとも特徴的なシーラカンスの金型はどちらで製作されたのですか? 店頭においてある銀のシーラカンスは、もしかして金型の元ですか?!

金型の元になるシーラカンスの形は、自分(矢島さん)が粘土で作りました。鉄板は、オリジナルの焼き型を作ってくれるところを探し、富山県高岡市の鋳造所「北辰工業所」さんにお願いして作っていただきました。何回か作り直しをして約1カ月程かかりましたね。店頭においてある銀のシーラカンスの置物は、北辰工業所さんが店のオープン記念にと原型を元に作ってくれたものです。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。