体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MAXシリーズとは一味違う美味しさに溢れた『ペヤング豚骨醤油やきそば』。汁のない油そば感覚で一気に食える!

焼きそばと言ってもこれは醤油味。超特選こいくちしょうゆとたまりしょうゆをベースに豚骨の旨味を加えたいわゆる汁なしが特徴の油そばタイプになっている『ペヤング 豚骨醤油やきそば』。MAXシリーズは痛い目にあうことも多いが、これはちょうどいい適切な美味しさだ。

「餃子の王将」でもおなじみのしょうゆ味やきそば。しかし『ペヤング豚骨醤油やきそば』はむしろ濃厚豚骨風味の油そばという表現が適切だ

ペヤングで豚骨というと迷作「背脂MAX」があるが、あれは厳しかった。なのでどこか脅すような黒地パッケージに戦々恐々だったわけだが、実はこれMAXの文字はどこにもない。ということはやり過ぎを気にせず、このまるか食品『ペヤング豚骨醤油やきそば』(115gうち麺90g・希望小売価格 税抜185円・2018年3月12日発売)は食べられるということか。

ちなみに同種の現行製品に、低価格ラインの”ペヨング”ブランド「ペヨングやきそば油そば風」というものがあるので、それにペヤングとしては本格的な豚骨の旨味を加えてゴージャスに仕上げただろうことが予測される。しょうゆ焼きそば自体はそんなに珍しいものではなく、中華チェーン「餃子の王将」でもおなじみのメニューである。

フィルムを引き裂いてフタをめくると、出てくるのはおなじみの味付き油揚げ麺。中太の縮れっぷりが美味しい、ペヤングならではの麺。かやくはメンマ、豚肉、ねぎ。中でも一瞬ビーフジャーキーと勘違いしてしまいそうな大きな乾燥メンマが大量に。

それではグラグラと沸騰した湯を480mlほど注ぎ込み、3分待とう。そして湯切りはしっかり水分が抜けるように丁寧に行う。

そして問題の付属の「やきそばソース」を投入。しょうゆダレなのにソースとはこれいかに。

豚骨ということで獣臭さがあるかと思いきや、程よい豚骨風味。しょうゆの主張でそうした臭みの部分が抑えられているようだ。それでは一口。存在感のあるメンマは食べずに食べるのが難しい。だが一緒に食べると非常に香ばしいごま油感が加わって、美味しさ爆発。

旨味の嵐で臭みがないから、非常に食べやすい。ソース味じゃないやきそばなんて、と思っていたが、これは油そばの美味しいやつ。やきそばと言い張るならそれでもいいけれど、普通に考えれば、これは油そば以外の何者でもない。

濃厚な旨味のおかげで、さほど脂っぽさを感じることなく、あっという間に完食。これはひょっとしたら夜中に食べたくなるタイプの罪深い美味しさかもしれない。油そばファンの人ならきっと気にいるはずだ。

入手は全国のコンビニエンスストア、スーパーなどで可能だ。

 

 

関連記事リンク(外部サイト)

キムチマヨネーズどばどばで食べる『日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 油そばマシ×2キムチマヨ』のやりすぎ感!
縁日の味がいっぺんに口に入る『ペヤング たこやき風やきそば』の楽しすぎる食感に口角上がりっぱなし!
『ペヤング 背脂MAXやきそば』チャッチャ系ではなくドロドロ系。肥える覚悟さえあれば天国が待ってる!?
『ペヤング 塩ガーリックやきそば』容赦も忖度もないすりおろしタイプにんにくの強烈旨辛味が凄まじい!
『ペヤング 鉄分MAXやきそば』インスタント食品の取り過ぎでなりやすい鉄不足。まさか補給するなんて!

おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy