体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピーナッツバターフィリングがとろけだす!サラベスの新メニュー


ニューヨーク発祥のレストラン「サラベス」の東京・ルミネ新宿店で、3月23日(金)より、アメリカ家庭料理の定番ランチ “ピーナッツバター&ジェリーサンドウィッチ” をヒントにした新メニュー「PBJフレンチトースト」が登場する。

アメリカで子供から大人まで広く親しまれている “ピーナッツバター&ジェリーサンドウィッチ” 、略して “PBJ”。そのPBJをヒントにした 新メニュー「PBJフレンチトースト」は、バターの風味がほのかに香る「サラベス」特製ハッラーブレッドに、濃厚なピーナッツバターフィリングを挟んでふわふわに焼き上げた一品。生地の中からとろけだすピーナッツバターフィリングのクリーミーさと、ラズベリーソースやベリーの酸味が相性ぴったりの味わいだ。

「Sarabeth’s(サラベス)」は、ニューヨーク出身の女性サラベス・レヴィーンにより、1981年ニューヨークのアッパーウェストサイドにオープンしたデザートレストラン。家族に伝わるレシピで作るフルーツスプレッド(果物の甘味をいかした砂糖控えめのジャム)をはじめ、フレンチトースト、パンケーキ、エッグベネディクト、ワッフルなど、伝統的なアメリカの朝食メニューの“ヘルシー&リッチ”な味わいが人気となっている。

レストラン格付けガイド「Zagat」でニューヨークNo.1デザートレストランに選ばれた「サラベス」の、新宿店でしか食べられない限定メニューがコレ。「PBJフレンチトースト」のリッチで幸せな味わいを、新宿ルミネで楽しんでみてはいかがだろうか。価格は1600円(税別)、5月20日(日)までの限定販売となっている。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy