体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春の「犬山」が楽しすぎ!よしもと芸人の花見人力車や限定フォトジェスイーツも【愛知】

木曽川河畔

寒い冬が終わり、季節はいよいよ春。

春のお楽しみと言えば桜ですよね。桜の開花期間は一年でたった1週間ほど。

時期を狙って行かないとなかなかその絶景を味わうことが出来ないんです。

今回はそんな桜名所の中から愛知県・犬山の桜をご紹介。

実はこの犬山、吉本興業のお笑い芸人が人力車をひいてくれるんです。

さらに犬山と言えば、ハート形の絵馬が数多く掛けられた「三光稲荷神社」や、色とりどりの餡をのせた「恋小町だんご」など、インスタ映えするスポットがたくさんと特に女性から人気を集めている町。

調べてみると、ありましたありました、春限定のフォトジェニックなスイーツがたくさん!

犬山城は国宝でもあり、この時期は桜が本当に見事。

2018年春は、桜と一緒に犬山を巡ってみては?

記事配信:じゃらんニュース

国宝犬山城【愛知県犬山市】

桜の雲に浮かぶように。犬山のシンボル的存在。

国宝犬山城本丸には、もうせんを敷いたベンチがあり、来場者がのんびり過ごせるように

■見頃/3月下旬~4月上旬

■本数/40本

■ライトアップ/なし

■桜祭り/4月7日・8日「犬山祭」

まずはここに行かないと始まらない!

1537年に築城し、天守が現存する日本最古の様式は犬山のシンボル、犬山城です。

本丸には桜の木が多く植えられ、天守を見上げると桜の雲の上に城が浮かんでいるように見えます。

この時季にしか見られない華やかな景色です。

また、木曽川河畔の桜並木から見あげる天守も美しいですよ。 国宝犬山城

TEL/0568-61-1711

住所/犬山市犬山北古券65-2

営業時間/9時~17時(最終入場16時30分)

料金/入場料大人550円、小・中学生110円

駐車場/犬山城第1駐車場140台(1回500円)

「国宝犬山城」の詳細はこちら

木曽川河畔【愛知県犬山市】

桜に手が届きそう!よしもと芸人の面白おかしい人力車に乗って散策を。

木曽川河畔人力車の受付は「珈琲工房貴船」付近で行っています お笑い人力車木曽川河畔船上から見る桜もステキ

■見頃/3月下旬~4月上旬

■本数/約400本

■桜祭り/3月30日~4月8日、4月27日~5月6日「犬山城遊覧船」

木曽川と犬山城を眺められる桜並木は、遊歩道になっていて、一番の桜のビュースポット。

3/30~4/8の期間は、名古屋よしもとの若手芸人が人力車で案内をしてくれる「お花見人力車」(10分1000円。定員2名)が、この桜並木の下を駆け抜けてくれます。

明るく元気な若手芸人が曳く人力車は「日本一ちいさな劇場」。

芸人は運行技術を本場の浅草で、観光ガイドは地域の人々からしっかり研修を受けているので、きっと楽しい時間に満足できるはず! 木曽川河畔

TEL/0568-61-6000(犬山観光案内所)

住所/犬山市犬山北古券

駐車場/犬山城駐車場250台(第1:1回500円、第3:1時間200円)

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。