体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ピアニスト・阪田知樹、緊張のため服が…コンクールで思わぬハプニング!

ピアニスト・阪田知樹、緊張のため服が…コンクールで思わぬハプニング!
J-WAVEで放送中の番組「RINREI CLASSY LIVING」(ナビゲーター:村治佳織)。3月17日(土)のオンエアでは、期待の若きピアニスト・阪田知樹さんをゲストにお迎えし、これまでの経緯を伺いました。

■ピアニストを目指したきっかけ

阪田さんがピアノをはじめたのは3〜4歳の頃。母のピアノが家にあり、身近な楽器として楽しんでいたと言います。プロを目指したきっかけは何だったのでしょうか。

阪田:小学校4年生のときに、海外のピアニストのリサイタルを聴いて、何ともいえない鮮烈な印象を受けて。両親に「これって職業なのかな?」と訊いたら「そうだよ」と答えたので、「じゃあ私はこれになる」と宣言して。両親は「何を言っているんだろう」と思ったそうですが(笑)。

■コンクールで起こったハプニングとは

阪田さんは、19歳のときにヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで最年少入賞しましたが、演奏の際にちょっとしたハプニングがあったとか。

阪田:緊張してもしょうがないだろうと思って臨んだのですが、いざ自分が演奏したときには、緊張していたのか、上着とズボンが違うセットを着ていることに気付いて。色はほとんど一緒なんですけど、弾いている途中で「あれ!? 服が違うぞ。でもとにかく今はちゃんと弾かなきゃ」と(笑)。そこは上手くいって、最後の6人までいけたんですけど、やっぱり緊張していたんでしょうね、そのときは。

■阪田さんにとって特別な作曲家、フランツ・リスト

ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの4年後に、フランツ・リスト国際ピアノ・コンクールで優勝した阪田さん。フランツ・リストは、坂田さんにとって特別な作曲家だといいます。

阪田:最初に触れた中学2年生のときから、リストの作品は特別な位置にいて。当時の僕のリアクションは、今まで出会ったどの作品とも違って「これは新しい感覚」と、いいとか悪いとか素直に判断できなかったので、余計知りたいと思ったんです。それから、いろいろな文献も読みましたし、作品も聴いて、弾いて。そのうちに気付いたら、リストという作曲家、彼の音楽が人生の一部になっていて。だから本場の、83年の伝統があるコンクールで優勝させていただいたことは、本当に嬉しかった。幸せな時間でした。

将来的には「世界的な殿堂であるニューヨークのカーネギー・ホールで、いつか演奏できるように頑張りたい」と、目標を明かした阪田さん。日本での演奏会は、5月9日(水)にチェリスト・趙 静さんとのデュオコンサートや、ソリストとして5月12日(土)、13日(日)に日本フィルハーモニー交響楽団との共演などが決定しています。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

番組名:「RINREI CLASSY LIVING」
放送日時:土曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/classyliving/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。