体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNSでシェアしたい人気ナンバーワンは富士山!桜と富士山をスカイウォークから眺める「ザ・日本の旅」

SNSでシェアしたい人気ナンバーワンは富士山!桜と富士山をスカイウォークから眺める「ザ・日本の旅」
日に日に暖かくなり、桜前線が北上してきました。東京の桜開花も発表されましたね。外歩きが楽しい季節は、春を楽しむ旅に出たいものです。お出かけしたら、SNSで皆に見てもらいたいたいですね。感動した景色やお気に入りのグルメの写真に「いいね!」が来たら、嬉しくなります。

宿泊予約サイトHotels.comは、世界中の観光都市で、旅行者がSNS上でシェアするテーマについてAIツールを使って分析した調査結果を発表しました。

東京、および京都でシェアされたナンバーワンは「富士山」。日本のアイコン「富士山」の人気は流行の移り変わりの激しい日本であっても、不動の人気ですね。

人気ナンバーワンの富士山を、日本一長い吊橋から眺めたら、さらにフォトジェニックだと思いませんか。

日本一長い人道吊橋 三島スカイウォーク

SNSでシェアしたい人気ナンバーワンは富士山!桜と富士山をスカイウォークから眺める「ザ・日本の旅」
全長400メートルの日本一長い歩行者専用の吊橋、静岡県三島市の「三島スカイウォーク」。日本一深い駿河湾、日本一の富士山、日本一の長さの「三つの日本一」が揃います。2015年12月にオープンしてから、入場者が200万人を超える人気ぶり。4月上旬頃には、桜と富士山の「ザ・日本」的ツーショットが望めますよ。

民間企業が行政との垣根を越えて、地域活性ビジネスを実現させた「ビジネスモデル」、空間・景観体験を提供した「土木構造物」のカテゴリーで、2017年度グッドデザイン賞を受賞しています。

「三島スカイウォーク」が実現するまでには、構想から10年の歳月を要したそうです。詳細は、動画にてご覧ください。


【YouTube/三島スカイウォークができるまでの話/【公式】三島スカイウォーク】

春こそ絶好の富士ビュー・シーズン

SNSでシェアしたい人気ナンバーワンは富士山!桜と富士山をスカイウォークから眺める「ザ・日本の旅」
橋の上は、360度パノラマビュー。春風に吹かれながら、5月末頃まで冠雪を頂く富士山を望めます。施設内ではマメザクラやシバザクラ、ツツジ、サツキなどが咲いて、一年のうちで最も華やかな季節と言えるかもしれません。三島スカイウォークで絶景を見たいなら、気温が低く空気が澄んでいる「朝」がオススメ。駿河湾や富士山をクリアに見られる可能性が高いようです。

無料で利用できる、2億円かけた「ラグジュアリートイレ」。女性トイレは広々として日本庭園もあり、利用者の評価も高いです。入り口からインパクトがあるので、ぜひチェックしてくださいね。

三島スカイウォーク

住所:静岡県三島市笹原新田313
電話:055-972-0084
営業時間:9:00から17:00まで ※イベント等により営業時間の変動あり
入場料金:大人1,000円
公式サイト:http://mishima-skywalk.jp

芦ノ湖にも近い

SNSでシェアしたい人気ナンバーワンは富士山!桜と富士山をスカイウォークから眺める「ザ・日本の旅」
三島スカイウォークを楽しんだら、ぜひ芦ノ湖にも足を伸ばしたいですね。マイカーでなくても、箱根登山バスや東海バスで移動可能。箱根登山バスはダイヤ改正により、平日各10本、土休日各11本と大幅に増便し、アクセスが向上しています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy