体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

葉加瀬太郎もウットリ! 楽器・クリスタルシンギングボウルとは?

葉加瀬太郎もウットリ! 楽器・クリスタルシンギングボウルとは?
J-WAVEで放送中の番組「ANA WORLD AIR CURRENT」(ナビゲーター:葉加瀬太郎)。3月17日(土)のオンエアでは、クリスタルシンギングボウル奏者・RAURAさんがゲストに登場し、クリスタルボウルとの出会いなどを伺いました。

■楽器・クリスタルシンギングボウルとは?

RAURAさんは、2006年頃からライブパフォーマンスや作品作りを始め、日本で3枚のアルバムをリリースしたのち、アメリカに拠点を移しました。まだ未開発だったクリスタルシンギングボウルを、楽器メーカーと共同開発し、スイス、ドイツを経て、2014年からはパリを拠点に活動しています。

クリスタルシンギングボウルという楽器は、葉加瀬いわく「大きなコップ」「大きな湯呑みというか、円筒」とのことで、基本はクリスタルで作られており、色がついているものは、ルビーやトルマリンなどの鉱物が混ざっています。ライブなどでは、20個〜30個のクリスタルシンギングボウルを使って演奏するそうで、今回、RAURAさんは4つのクリスタルシンギングボウルをスタジオに持ってきてくれました。ワイングラスの飲み口をこすると音が出るのと同じ原理で、クリスタルの縁をスティックでこすり、残響音を楽しむ楽器です。RAURAさんに実際に演奏してもらうと、葉加瀬は「きれいだね〜」とウットリしていました。

■クリスタルシンギングボウルとの出会い

RAURAさんは、台湾で美容やアロマ、カラーセラピーの勉強をしているときにクリスタルシンギングボウルに出会いました。

RAURA:音楽をやったことないし、身内に音楽家もいないし。
葉加瀬:これの先生を探すのも大変でしょ?
RAURA:いなかったんですよ。
葉加瀬:そうですよね。独学ってこと?
RAURA:はい、独学ですね。

ほかにも、RAURAさんと葉加瀬が外国のストリートで演奏していたときの話や、パリの美術館の楽しみ方などで盛り上がりました。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ANA WORLD AIR CURRENT」
放送日時:土曜19時−19時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/worldaircurrent/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。