体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ビルボード】AKB48「ジャーバージャ」が120万枚を売り上げ総合首位 米津玄師「Lemon」が僅差で総合2位に返り咲く

【ビルボード】AKB48「ジャーバージャ」が120万枚を売り上げ総合首位 米津玄師「Lemon」が僅差で総合2位に返り咲く

 店着日で早くもミリオン突破、初週累計では1,202,909枚をマークしてシングル1位となったAKB48「ジャーバージャ」が“JAPAN HOT100”総合首位を獲得した。各指標で見てみると、ルックアップ4位、ダウンロード42位、ラジオ30位、Twitter5位、動画再生90位と、シングル・セールスが大きく牽引することによる図式での総合首位で、総合2位の米津玄師「Lemon」に約3,000ポイント差にまで迫られる結果となった。

 その米津玄師「Lemon」は、タイアップ・ドラマ『アンナチュラル』の最終回を受けてリリースされたシングルで205,381枚セールスとなり2位、他指標では、ダウンロード1位、ストリーミング14位、ルックアップ1位、Twitter2位、動画再生1位、ラジオ2位と、全ての指標で高ポイントをマークし続けており、4度目の総合2位にして、初登場週のHey! Say! JUMP「マエヲムケ」との約2,000ポイント差に並んで、総合首位に僅差で詰める好結果となった。DAOKOとの共作「打上花火」含め、今週は総合100位圏内に8曲を送り込んでいる米津玄師の勢いはまだまだ続くことだろう。

 前週総合首位の欅坂46「ガラスを割れ!」は、まだまだ好調を維持しており、60,334枚を売り上げてシングル3位、ダウンロード5位、ストリーミング1位、ルックアップ2位、Twitter7位、動画再生5位、ラジオ36位と全指標で高ポイントをマーク、特にストリーミングは前週3位から1位に上げており、一般層までその人気が拡がっていることがよくわかる結果に。今週総合3位となり、このまま勢いを守るのか、次週以降のチャート・アクションが注目される。

◎【JAPAN HOT100】トップ20
1位「ジャーバージャ」AKB48
2位「Lemon」米津玄師
3位「ガラスを割れ!」欅坂46
4位「無限未来」Perfume
5位「ドラえもん」星野源
6位「ボクラなりレボリューション」M!LK
7位「さよならエレジー」菅田将暉
8位「ギュッと」Little Glee Monster
9位「春が来てぼくら」UNISON SQUARE GARDEN
10位「FLOWER ROAD」BIGBANG
11位「Change」ONE OK ROCK
12位「My HERO」04 Limited Sazabys
13位「サザンカ」SEKAI NO OWARI
14位「打上花火」DAOKO×米津玄師
15位「ほしがりガール」さくらシンデレラ
16位「Candy Pop」TWICE
17位「Dirty Talk」w-inds.
18位「Thank you」RYUJI IMAICHI
19位「桜の頃」依田芳乃(高田憂希),小早川紗枝(立花理香),道明寺歌鈴(新田ひより),浜口あやめ(田澤茉純),脇山珠美(嘉山未紗)
20位「Pain, pain」E-girls

関連記事リンク(外部サイト)

3月26日付 Billboard Japan HOT 100
【ビルボード】AKB48『ジャーバージャ』120万枚超でシングル・セールス首位獲得 2~5位も好調
AKB48、岡田奈々センターの新曲「ジャーバージャ」MV公開 欅坂46平手は坂道AKB不参加か

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy