体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

金属と火を操る魔法のよう…“ろう付け”で作られるアクセサリー

金属と火を操る魔法のよう…“ろう付け”で作られるアクセサリー
J-WAVEで放送中の番組「SUNRISE FUNRISE」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「CRAFT MARKET」。3月18日(日)のオンエアでは、職人の技が生み出すモダンなアクセサリーブランド「builderino(ビルダリーノ)」に注目しました。

■職人にしかできない“ろう付け”

「builderino」は、株式会社アクセサリーマルタカの、誕生したばかりのブランド。推薦してくれたのは、工芸とのコラボで可愛い商品を生み出している、株式会社Y2企画の有井ゆまさんと有井ユカさんです。マルタカは1925年創業の老舗で、東京の下町でかんざしの飾り職にルーツを持ち、コスチュームジュエリーの制作を続けています。 

推薦ポイントは、現会長の一番弟子をしている職人の“ろう付け”技術。非常に繊細な、気が遠くなるほど地道な作業で、「金属と火を操る魔法のよう」だと有井さんたちはオススメします。レイチェルも実物のアクセサリーを見て「金属部分のうねりが丁寧で繊細」と感激していました。 

「builderino」のブランドマネージャーに、金属と金属をろうで付ける技法について伺いました。

ブランドマネージャー:鎖をつなげるときや、ピアスのポスト(針の部分)をくっつけるときに、ろう付け加工をします。「ろう」と呼んでいますが、実は金属なんです。まず、くっつけるもの同士に、バーナーの火を真っ赤になるまで当てます。次に、くっつける箇所にろうを付ける。すると、ろうが溶けて流れて、金属と金属がくっつくんです。「builderino」は、ろう付け加工だけでモチーフの形を作っている、職人の手間と技を生かしたアクセサリーです。

職人の世界で後継者が不足している中で、ブランドマネージャーは「『builderino』をきっかけに、ろう付けに興味を持ってもらって、日本の技術や職人の技を未来につなげていきたい」と思いを語りました。「builderino」のアクセサリーは、5月頃に購入できるようになるそうです。詳しくは「builderino」のホームページをご覧ください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SUNRISE FUNRISE」
放送日時:日曜 7時40分−8時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sunrise/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。