体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くるり【京都音楽博覧会】アルバム化! Gotch/田島貴男/UA/二階堂和美の「“生”歌謡ショー」も収録

くるり【京都音楽博覧会】アルバム化! Gotch/田島貴男/UA/二階堂和美の「“生”歌謡ショー」も収録

 くるりが昨年開催した【京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園】が、デジタルアルバムとして2018年4月4日にリリースされる。

 【京都音楽博覧会】は2007年の初開催以降、毎年秋に京都・梅小路公園で開かれるくるり主催のイベント。11回目を数えた昨年は、国内外の豪華アーティストが出演し、このイベントのために結成された管弦楽団とミュージシャンによる特別編成のバンドによって、多くの名曲が演奏される「“生”歌謡ショー」が行われた。

 なお、今年も9月23日に【京都音楽博覧会2018 IN 梅小路公園】の開催が決定している。

◎リリース情報
デジタル・アルバム『京都音楽博覧会2017 IN 梅小路公園』
2018/04/04 RELEASE
※iTunes Store他主要配信サイトおよびラジオ型定額制聴き放題サービスで配信開始
1. Make me Fall in Love / ディラ・ボン
2. Bremen / トミ・レブレロ
3. 2017年の行進曲 / 京都音博フィルハーモニー管弦楽団
4. Macaxeira Fields / アレシャンドリ・アンドレス
5. Dual / ハファエル・マルチニ
6. ジュビリー / くるり
7. everybody feels the same / くるり
8. 特別な日 / くるり
9. 京都の大学生 / くるり
10. How Can I Do? / くるり
11. WORLD‘S END SUPERNOVA / くるり
12. ブレーメン / くるり
13. 奇跡 / くるり
– 京都音博“生”歌謡ショー –
14. Taxi Driver / Gotch
15. 接吻 / 田島貴男
16. 悲しみジョニー / UA
17. お別れの時 / 二階堂和美
– フィナーレ-
18. 宿はなし / くるり

関連記事リンク(外部サイト)

くるり、7インチ・アナログ盤で発表の新曲「春を待つ」3/19初オンエア
くるり 新曲「その線は水平線」遠藤薫監督&SUMIRE主演によるMV公開
くるり『その線は水平線』―変わらないということは、変わり続けるということ(Single Review)

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。