体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー

アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー

今年の1月末に、通常とは少し異なったカタチでカクテルを楽しめるバー「Draft Land」が、台北にオープンしました。

店内にはリキュールなどのボトルは一切なく、ただただビアサーバーのようなものが置いてあるだけ。

ここでは、ドラフトカクテルが楽しめるのです。

より早く、カンタンに、
カクテルが楽しめる。

アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー

数年前からチラホラと耳にするようになった「ドラフトカクテル」。事前に作られたアルコールを、サーバーを使ってグラスに注ぐという仕組みです。

「Draft Land」では、大きく分けて5種類のドラフトカクテルが味わえるそう。

オーナーAngus Zouさんは、提供するアルコールについても軽く説明しています。

01.Non-Alcholic

 「The Bartender’s Guide」の中では、炭酸水や多様な炭酸飲料の作り方が紹介されています。オリジナルソーダを作ることが、古き良き時代に敬意を払うアクションだと信じています。

アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー

02.Cobbler

 アルコールや砂糖、柑橘類をグラスに入れ、季節のベリーを飾って、ストローで飲むドリンク。名前の由来は、丸い石(Cobble)のような氷を使ったからと言われているのだとか。

アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー

03.Cocktail

 僕たちのカクテルは、あらゆることを計算しています。気体圧力や溶解度、温度、時間、味の変化など。そうして初めて、誇れる1杯ができるのです。

アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー

04.Punch

 17世紀の東インドにいたイギリス人たちのドリンクが起源。当時は、Arrackという地酒に、水と柑橘系のジュースを入れ、砂糖と香料で味付けをしていたようです。

アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー

05.Fizz

 1870年代、Punchの簡易版として作られたもの。炭酸水から出た泡と「シュワー」という音から名前がつけられたのだとか。

アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー

「このような豆知識を知ることで、より多くの人にカクテルに興味を持ってもらいたい」と、オーナーAngus Zouさん。

サーバーがあるおかげで、より早く、カンタンにカクテルを提供できるのもウリだと言います。

ずっと飲んでみたかったけど、バーに行くのはハードルが高くて…なんて人には、ピッタリの場所かもしれませんね。Licensed material used with permission by Draft Land

台湾にはおすすめスポットがたくさん。アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。アジアで初めて「ドラフトカクテル」が楽しめるバー台北在住の食通が選んだ「いま訪れるべき3店」

関連記事リンク(外部サイト)

都市伝説じゃなかった。台湾の老舗ホテル地下に掘られた「秘密のトンネル」
台北のドリンクスタンドでは、「イーハオ!」と言えば間違いない。
トップクラスのBARでは、あえて「ノンアル」を。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。