体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1分で設置できるポップアップテント「Cinch!」、スマホでライトの操作可能に

キャンプ好きの人の中には、「Cinch!」の存在を知っている方もいるだろう。英国のスタートアップが開発した、機能性と快適性を併せ持つポップアップ式のスマートテントだ。

このCinch!がバージョンアップしてクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。今度は、LEDライトをスマホでコントロールできるようになり、またテントとテントをくっつけられるポッドも用意された。

・虫侵入を防ぐシートも

ポップアップ式のCinch!は組み立ての手間いらずで、1分もかからず完成する。テントにはLEDランタンがついてくるが、今回このライトをスマホから操作できるようになった。

また、デザインにも改良が加えられた。虫の侵入を防ぐ床シートを備え、2カ所あるドア部分を大きくして内部スペースをフル活用できるようになった。

・テント同士を合体できる!

それから、かなり便利そうなのが、ポッドと呼ぶミニテント。スペースを拡張できるので居間のように使うことが可能だ。

また、ハブとして使うと、最大4つのテントをくっつけられる。大人数でのキャンプ時に、このポッド部分を通って互いのテントを行き来することもできる。

・オプションも充実

もちろん、これまで通りソーラーパネルやバッテリー、キャノピーなどのオプションも用意されていて、これらをフル活用すればキャンプ生活がさらに快適になる。

このCinch!テント、BBCから「これまでで一番スマートなテント」などと評価されているだけあって、Indiegogoではすでに21万ドル(約2200万円)超の資金を集めている。

商品化はほぼ確実で、出荷時期は今年6月と今年のキャンプシーズンに間に合いそう。今なら4人用テントにソーラー充電パックとキャノピーがついたセットが449ドル(約4万8000円)からとなっている。

出資はあと1カ月ほど受け付けるので、アウトドア派の方は早めにサイトをチェック!

Cinch!/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy