体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。

新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。

「(ピンポーン)お邪魔します」

「いらっしゃーい。いま手が離せないから、どうぞあがって!」

「失礼しま〜す」

ガチャッ

新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。

…えっ?!新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。

ヒィッ

新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。

リビングの中心になんで落とし穴があるの??

と錯覚してしまうこちらは、「Void Rug」というフロアラグ。一見モノトーンのシンプルなラグですが、特定の角度から見ると、床に円形の穴があるように見えるのです。はじめてお邪魔したお宅にあったら、少しびっくりしますよね。

これを手がけたのはイギリスのデザイナーScott Jarvieさん。彼いわく、

この3Dデザインは、ある方向から見れば単純な幾何学的なパターン模様であり、また別の特定の方向からみると「日常に潜む危険な穴」になる錯覚ラグです。

視点と光、質感を慎重に検討したことで、このように錯覚させるデザインが完成できたのだそう。

100%の純ウール製で肌触りもよいため、“大穴”の上にあえて寝転びたくなってしまいそう。デザイン性ばかりに注目しがちですが、素材にもこだわっているんですね。新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。 真上から見ると、シンプルなラグ。新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。 サイズは、1mと1.4mの2種類。 新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。 あ、玄関にも!新生活、ちょっと驚く「落とし穴」ラグでお友達をお出迎え。

円形バージョンは広いスペース向け。四角バージョンは2.5m x 0.8mサイズなので、玄関や廊下などに。

新生活に合わせてラグをお探しなら、楽しくてリラックスもできるこんなユニークアイテムも選択肢に入れてみては?

まったく危険じゃないこの“落とし穴”で、まだ打ち解けきれていない新しいお友達にイタズラしちゃいましょう!Licensed material used with permission by Scott Jarvie for Delupo, Delupo, @jarviedesign, @delupo_official

関連記事リンク(外部サイト)

「モルタルのラグ」で、模様替え!
「学ぶ」ためのキャビネット
「アメリカ映画の部屋に憧れる」なら、このラグ。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy