体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

みやぞんさんも体験!新絶叫アトラクション「ハシビロGO!」に乗ってきた【よみうりランド】

みやぞんさんも体験!新絶叫アトラクション「ハシビロGO!」に乗ってきた【よみうりランド】 ハシビロGO!

よみうりランドに新アトラクション「ハシビロGO!」が3月21日にオープンします!

「ハシビロGO!」は、40人乗りの巨大円盤が大回転する「メガディスクオー」というジャンルで、日本初の大きさなんです!

応援隊長にはANZEN漫才さんが就任し盛り上がる中、じゃらん編集部の阿部もひと足早くその迫力を体験してきました!ハシビロGO!よみうりランドに到着!

記事配信:じゃらんニュース

「ハシビロGO!」ってどんなアトラクション?

最高到達点は15.5m!大迫力の「メガディスクオー」

ハシビロGO!日本最大級のディスクオーです!大きい…っ!!

「ハシビロGO!」とは巨大円盤が右に左に大回転しながらレールを上下する日本初登場の「メガディスクオー」というジャンルのアトラクションです。

2005年に日本に登場した絶叫マシーン「ディスクオー」は、横浜コスモワールド、花やしき、ひたち海浜公園で楽しむことができますが、今回の「メガディスクオー」はその名の通りより大きくなりパワーアップしたアトラクションになっています。

従来のディスクオーは定員が20名ほど、最高到達点は10mほどであるのに対し「メガディスクオー」である「ハシビロGO!」は最高到達点がなんと15.5m!

そして定員は40人とスケールも大きくなり、鋭い風を肌で感じることができるんです!

「ハシビロGO!」の由来は?

ハシビロGO!ハシビロコウの「ハシビー」!愛くるしい表情です。

「ハシビロGO!」のモチーフは動かない鳥として有名な珍鳥「ハシビロコウ」。

巨大な口ばしに鋭い眼光の怖い顔と寝癖のような毛に、常にじっとしているシュールさのギャップが人気を集めています。しかしハシビロコウはいざとなると迫力のある飛行を見せるんです!

「ハシビロGO!」のハシビーもこんなに可愛いのに、上下左右にと動き出すと迫力満点のスリルを与えてくれます!この静と動のギャップこそが、ハシビロコウがモチーフの理由なんですね。ハシビロGO!「ハシビー」に負けず、僕も鋭い眼光で気合を入れます!

ついに「ハシビロGO!」を体験!!!

ハシビロGO!行ってきまーす♪まだまだ余裕の表情です まずスタンバイしてみて驚きだったのは椅子の向きが外向きで、安全バーが背中にセットされること。背後からハシビーの「カタカタ」と笑うような鳴き声が恐怖とドキドキ感を高めます!!ハシビロGO!メガ級の爽快感!全身が風に包まれます!!
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy