体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海の向こうの非日常。佐久島で感性を磨く「アートさんぽ」【愛知・島旅】

佐久島アートピクニック

春の訪れを感じるこの季節、旅に出かけるなら島旅がおすすめ!ここ数年は、アートと島のコラボがブームとなっていて、今回は20年以上前からアートに取り組み、島アートの先駆けともいえる、愛知県の佐久島をご紹介します。

島を探検する冒険のような、アート巡りのスタンプラリーは、大人もつい童心に返ってしまう、楽しい時間を過ごすことができますよ。

2泊3日の日程が取れるなら、周辺の日間賀島や篠島へ足を伸ばしてみるのもおすすめ。海の向こうにある非日常を目指して、いざ出かけよう!

記事配信:じゃらんニュース

佐久島・日間賀島・篠島への行き方

佐久島・日間賀島・篠島への行き方

■佐久島へのアクセス

一色港

↓高速船20分

佐久島西港

※佐久島東港までは高速船で25分

■日間賀島・篠島へのアクセス

師崎港

↓高速船10分

篠島

↓高速船10分

日間賀島

↓高速船10分

師崎港

【ワンポイントアドバイス】

佐久島と日間賀島・篠島をつなぐ定期船はないため、佐久島で1泊。翌朝一色港に戻り、車で師崎港へ移動(所要約1時間)。そこから高速船で篠島、日間賀島を巡るコースがおすすめ。

佐久島アートピクニック

海風を感じつつ、ゆるり「アート散歩」へ。

島内外に点在する23のアートを巡るスタンプラリー。東西の渡船場と文化交流施設「弁天サロン」で無料配布されている、マップ兼スタンプシートを持って、お気に入りのアートを探そう。佐久島アートピクニック『おひるねハウス』 作/南川祐輝 波打ち際で存在感を放つ巨大な黒い立体アート。その名のとおり、お昼寝に使うもよし、読書をするもよし。アートの一部になって、潮風を感じよう。佐久島アートピクニック『海神さま』 作/松岡徹 正念寺で会える、釣りの神様を模したアート作品。頭にお魚を乗せた姿が愛らしく、お賽銭をあげる人が絶えないそう。ぜひ一緒に記念撮影を。佐久島アートピクニック『イーストハウス』 作/南川祐輝 東地区にある東屋「イーストハウス」。2つの白い箱は全長60mのベンチがつないでいる。階段で屋上に上ったら、のんびり海を眺めるのがおすすめ。佐久島アートピクニック『カモメの駐車場』 作/木村崇人 約60羽ものかわいいカモメたちは、実は風が吹く方向を見るための風見鶏。風が向く方向にカモメが一斉に向きを変える姿をぜひその目で確かめて。佐久島アートピクニック『北のリボン』 作/TAB ハイキングロードと海岸コースが出会う場所にあるこちらのアートは、森と海と空をリボンのように軽やかに結ぶ、彫刻作品のような展望台となっている。
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。