体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

3Dサウンドが楽しめるゲーム用ヘッドホン「Mobius」はヘッドトラッキングも

音楽に映画、そしてゲームまであらゆる音を3Dで楽しめるようになるオーバーイヤータイプのヘッドホン「Mobius」がクラウドファンディングサイトIndiegogoで人気を集めている。

音をシャープでリアルに楽しめるのに加え、装着者の頭の動きを追跡する機能でゲームの投入感を得られるという、ゲーマー向けのヘッドホンだ。

・頭上や背後から音が響く

3Dサウンドは、文字どおり音が立体的に聴こえてくるというもの。元々は映画の音響技術で、音がする方向や距離感なども感じられるようになり、よりリアルに響く。

この技術を採用することで、例えばゲームの中で、背後から敵に迫られていたり、頭上を飛行機が飛んだりというシーンで、本当に背後や頭上から音が響くようなサウンド体験ができる。

・反射音も再現

また、装着者の頭の動きをトラッキングする機能によりナチュラルな音となり、カスタマイズ対応のルームモデルを使用すると反射音なども再現できるという。開発元は「音を体験できる」とうたう。

Mobiusの接続はUSB-C、USB-A、3.5mmオーディオジャック。もちろんBluetoothにも対応する。

気になる価格は、予定小売価格399ドル(約4万2000円)のところ、Indiegogoでは269ドル(約2万9000円)〜となっている。すでに目標額を大幅に超える58万ドル超を集める人気ぶりで、お得に入手したい人は早めにサイトをチェックした方が良さそうだ。

出資は4月12日まで受け付け、7月にも発送が始まる見込みだ。

Mobius/Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。