体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4/7(土)『SYNCHRONICITY’18』最終ラインナップでフレンズ、Yasei Collectiveら12組決定 タイムテーブルも発表

4/7(土)『SYNCHRONICITY’18』最終ラインナップでフレンズ、Yasei Collectiveら12組決定 タイムテーブルも発表

4月7日(土)開催の都市型フェスティバル『SYNCHRONICITY’18』の最終ラインナップ、及び、タイムテーブルが発表となった。

最終で追加されたのは、フレンズ、Yasei Collective、Emerald、大比良瑞希、SARO(-kikyu-)×Latyr Syに加え、出演オーディションを勝ち抜いた弱虫倶楽部、Newspeak、all about paradise、Opus Inn、ディープファン君、DJにKo Umehara(-kikyu-)、ライブペインティングにGravityfreeの合計12組。合わせて合計60組が決定となった。

なお、LOFT9の会場で開催されるTALK & MUSIC LOUNGEはライブの合間の飲食・休憩スペースとしても利用可能で、ゆったりと時間を取りアコースティックライブ、出演アーティストやゲストを招いてのトークが開催される予定。内容は後日発表となる。

また、最終ラインナップの発表とともに会場割、タイムテーブルも発表。各会場のトリを渋さ知らズオーケストラ(O-EAST)、bonobos(duo MUSIC EXCHANGE)、Ovall(O-WEST)、MONO NO AWARE(O-nest)、JABBERLOOP(clubasia)、FUCKER(VUENOS)、弱虫倶楽部(Glad supported by Eggs)が務める。

さらに、FREE THROWとのコラボレーションで開催される『SYNCHRONICITY’18 After Party!!』もDÉ DÉ MOUSE & Akinori Yamamoto(LITE)、Shima、Judgeman、マイケル、SHiN、
New Action!が追加されタイムテーブルが発表となった。『SYNCHRONICITY’18』終演とともにclubasiaで開演となり、朝まで渋谷の夜を盛り上げる。

チケットはイープラス、クラベリア、及び、TSUTAYA O-EAST店頭にて発売中。通し券は残りわずかとなっているとのことなので急いでチェックしておこう。(岡)

・『SYNCHRONICITY』オフィシャルウェブサイト
https://synchronicity.tv/festival/
・『SYNCHRONICITY』Facebookページ
http://www.facebook.com/synchronicityfes
・『SYNCHRONICITY』Official Twitter
https://twitter.com/_synchronicity

イベント情報
SYNCHRONICITY’18
2018年4月7日(土) openstart 13:00
TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、duo MUSIC EXCHANGE、clubasia、VUENOS、Glad、LOFT9

チケット情報:
<前売チケット>
5800円(SYNCHRONICITY’18)
8000円(SYNCHRONICITY’18 & SYNCHRONICITY’18 After Party!! 通し券)
販売期間:1月27日(土)正午12:00〜

<チケット販売>
イープラス:http://eplus.jp/synchronicity18/
クラベリア:https://ticketpay.jp/booking/?event_id=12369
TSUTAYA O-EAST:03-5458-4681(住所:東京都渋谷区道玄坂2-14-8)

※前売券完売の際は、当日券の発行はございません。

最終発表アーティスト:
・フレンズ
・Yasei Collective
・Emerald
・大比良瑞希
・SARO(-kikyu-)×Latyr Sy
・弱虫倶楽部
・Newspeak
・all about paradise
・Opus Inn
・ディープファン君

DJ
・Ko Umehara(-kikyu-)

Live Painting
・Gravityfree

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy