体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どう「人が辞めない会社作り」をすべきか? 退職者が続出する3つの理由とその対策

どう「人が辞めない会社作り」をすべきか? 退職者が続出する3つの理由とその対策

慢性的な人手不足に陥っている業種の中でも、特に問題視されているのが介護業界だ。介護は他業種と比べても離職者が高い水準にあるといわれている。

そんな離職率が高い介護業界で「社員定着率96%」という驚異的な数字を誇る会社がある。

埼玉県さいたま市に拠点を置くリハプライム株式会社だ。

2011年に創業した同社だが、当初は多くの離職者、離職希望者が続出していた。しかしその後、社員と「理念」を共有する経営に邁進したところ、離職者は減少。年々、社員定着率は上がり続け、2017年には96%になったという。

今回は、リハプライム株式会社代表取締役であり、『日本一社員が辞めない会社』(ぱる出版刊)の著者である小池修氏に、人が辞めない会社づくりのためにどんなことに取り組んできたか、介護業界に限らず、人が辞めない会社を作る上で経営者やリーダーに必要なものについて語っていただいた。

その前編では、社員が辞めない会社づくりに取り組んでいった経緯と、「理念」を大切にする経営についてである。

■人が辞める会社が抱えるシンプルな「3つの原因」

――初のご著書となった『日本一社員が辞めない会社』ですが、特に読んでほしいのはどのような人でしょうか?

小池修氏(以下、小池):比較的規模の小さな会社の社長さんとリーダーの方々ですね。

私は、今の会社を設立して事業をやっていく中で、どうすれば人が辞めないでくれるか、どうすれば社員と一緒に同じ方向に進んでいける会社にできるかを考えるようになりました。その答えが「理念を共有する」ということだったんです。

私がお会いする社長さんや経営者の方々の中には、「理念は特にない」という方がいらっしゃいます。そして、「では、今の会社や事業で何をしたいんですか?」と聞くと「儲かるんですよ、この仕事は」と答える方も少なくありません。

でも、何のために、誰のためにという使命がない事業って、長く続いていないと思います。

過去を紐解いても、ずっと順風満帆の会社や事業はほとんどありません。状況が悪くなったときでも、やる意味を持っている会社、目的がある会社に顧客はついていくものです。私もやる意味がある事業をやりたいので、「使命」「理念」はすごく必要だと思うんです。

会社の一部署でも、「うちの部署はこの困り事をクリアしたい」という目的・理念は持てると思うので、理想の会社像を持っていない社長さんだけでなく、なりたてのリーダーの方にも読んでもらいたいですね。

――小池さんの「人が辞めない会社づくり」の原点はどこにあるのでしょうか?

小池:最初、介護の施設を最低限の人数で始めたのですが、とにかく人が定着しなかったんです。その原因は何なのかを考えていくと、すごくシンプルだったんですね。

原因は3つ、「休みが取れない」「将来が見えない」「嫌な奴がいる」です。

社長が満足に給料を取れていないのに、社員の行く先々まで考えられているかと言ったら疑問ですし、少人数だから大丈夫だろうとコミュニケーションをそこまで重視してなかったりすることもあるでしょう。

しかも、大企業並みに有給休暇を取らせてあげる余裕ももちろんないですから、油断するとどうしてもブラック企業になってしまうんですね。

突き詰めると、離職の理由はその3つにあると思ったので、それらを解消するためには何が必要かを考え始めたのがきっかけでした。格好よく世直しを始めたとか、社会問題を考えたというよりは、単純にこのままだと人が続かないので手を打ったという感じでしたね。

――そこで、まずは社員さんが休みをとれるように、それまで1店舗でやっていた介護の事業を、2店舗目を立ち上げて人を増やす、という大胆な取り組みをされた。

小池:4人でやっていたときは休みが一日もとれないような状況でした。子どもが熱を出した社員さんにも「出てきてもらわないと困る」としか言えないくらいで。

そんなことが普通に起きている状況で、「このままだと社員にお休みを取らせてあげることができない」「小さな会社で夢もなくてこのままやっていけるだろうか」という思いが常にありました。

そこで、大きくしていくために2店舗目を経営するお金を捻出し、無理やり2店舗目を出したら、光明が差してきたんです。

実は、2店舗目をつくったタイミングで、思い切って一人だけですが人数を増やしました。つまり、「2店舗9人体制」にしたんですね。

「1店舗に4人」が介護では必要最低人数なのですが、当初はその最低人数ギリギリの4人で回していて、とにかくブラックな状態になってしまって…。とはいえ、1店舗の状態で5人目を入れようとすると利益が出なくなるという状況でもありました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。