体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「静岡デスティネーションキャンペーン」隊長の中山雅史…ご当地キャラ相手に本気すぎるPK合戦

2019年4月~6月にかけて、静岡県とJRグループが共同で開催する『静岡デスティネーションキャンペーン』に先立ち、3月19日に六本木ヒルズ「大屋根プラザ」でプレキャンペーンのイベントが行われた。

「デスティネーションキャンペーン」は、昭和53年から続くJRグループ6社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)と地方自治体、及び旅行会社が協力し、プロモーション活動などを実施する国内最大級の観光キャンペーンのひとつ。

静岡県では19年ぶり3回目の開催となり、2019年4月~6月の本期間を迎える前に、プレキャンペーン(2018年4月~6月)と後年のアフターキャンペーン(2020年4月~6月)を加えた3カ年をキャンペーン期間としてプロモーション活動が実地される。

富士山・食やグルメ・歴史や文化・アクティビティなど、静岡県ならではの多彩な魅力を発信してゆくキャンペーンの“隊長”として選ばれたのが、静岡県出身で「アスルクラロ沼津」所属の元日本代表サッカー選手、中山雅史さんだ。 イベントに登壇した中山選手は、隊長の証である任命書とオリジナルユニフォームを受け取ると「改めて、大きな責任を感じています。隊長の名に恥じないように静岡をアピールしてゆきたい」と気合い充分。 壇上で「PRタイム争奪 ガチンコPK対決」が行われると、ゴールキーパーをつとめた静岡県のご当地キャラ「ふじっぴー」を相手に3ゴールを奪い、合計1分のPRタイムを奪取。中山選手がゴールネットを揺らすと、さすがの迫力に集まったギャラリーからも(おお~)と唸る声が聞こえた。

さて、1分間のPRタイムでは、2018年4月1日から東海道新幹線沿線観光情報ポータルサイト「Japan Highlights Travel」内で公開予定の特別映像コンテンツ、ゴン中山プレゼンツ「MISSION IN 静岡」の一部を紹介。

コンテンツにも登場し、さまざまなミッションをこなす“隊員”を代表して、人気“大食いYouTuber”の木下ゆうかさんが登場し、木下さんが清水港のまぐろや“巨大魚”を食べまくるPR動画を上演した。

さらに、動画で紹介された静岡市駿河区丸子にある“巨大魚”「丸子峠鯛焼き屋」の世界一大きな「鯛焼き」が登場し会場を盛り上げた。 木下さんは頭から「鯛焼き」をガブリ!「尻尾の先にも、ちゃんとあんこが詰まっています!皮はパリパリです」とコメント。一方、尻尾から食べた中山選手は「甘すぎなくていいですね。大きいのにちゃんと美味しい。このまま食べてれば木下さんと最後はチューできるね」と冗談?も飛び出した。 木下さんは、この60㎝もある巨大「鯛焼き」を1人でペロっと平らげることができるそうで「全部を食べられない方は、お友達と一緒に訪ねてほしい。鯛焼きはインスタ映えもするので本当におすすめ。「丸子峠鯛焼き屋」は山の中にあるので風景も素晴らしいです!」と語り「今回は、たくさん静岡を体験しました。見るものすべてがキレイだし、ごはんが本当に美味しかった。地元の方も、とても優しかったです」とロケを振り返った。

中山選手はサッカーのベスト11にみたてて静岡の名物・スポットなどを紹介し、「高足ガニ」や「スッポン」、清水港の「まぐろ」、三島市の「スカイウォーク」など強力な布陣が居並ぶなか、ツートップに徳川家康と中山選手自らを選出。

「今日はベスト11しかご紹介できませんが、ベスト20、30、100とあるわけです。静岡県に来たら損はさせません!」と、ぜひとも足を運んで、皆さまの好きな静岡県をそれぞれ見つけてほしいとPRした。

昨年はNHKの大河ドラマ「直虎」で注目されるなど新たな魅力が誕生した静岡県。デスティネーションキャンペーンのプレ期間中にJR東海と協力し走らせる特別観光列車「静岡まつり号」のチケットはすでに完売するなど上々の滑り出しだそうだ。東海じゃらん 4月号 (2018年03月01日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。