体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【「本屋大賞2018」候補作紹介】『かがみの孤城』――大人の心にも響く優しいファンタジー

【「本屋大賞2018」候補作紹介】『かがみの孤城』――大人の心にも響く優しいファンタジー

 BOOKSTANDがお届けする「本屋大賞2018」ノミネート全10作の紹介。今回、取り上げるのは辻村深月著『かがみの孤城』です。

*******
 学生時代、世界とは”学校”が唯一であり絶対的な存在――。逃れられない世界に絶望し、生きにくさを感じた人も少なくないはずです。本書はそんな大人にも読んでもらいたい物語。

 主人公の安西こころは春から中学生になった早々、クラスメイトの真田美織を中心に無視されたり陰口を叩かれ、決定的な”ある出来事”が起きてから学校を休むようになってしまった女の子。ある日、フリースクールにも行けず、自室に閉じこもっていた彼女が遭遇したのは光り輝く鏡、手を伸ばすと吸い込まれてしまい…。

 鏡の奥に広がる異世界で出迎えてくれたのは、狼のお面をつけたレースがたくさんついたピンク色のドレスを着た少女”オオカミさま”でした。「あなたは、めでたくこの城のゲストに招かれましたー!」とこころを招き入れ、ほかに男女6人の中学生がいること、「願いが叶う城」であることを告げます。

 オオカミさまは、この城にある、一人だけ願いが叶えられる「願い部屋」の存在、そして、部屋に入る「願いの鍵」を探すことがミッションだといい、「城のルール」を説明します。

 入城できる時間は来年の3月30日まで、9時から17時の間なら出入り自由。ただし、もしも、17時以降に城に残っていた場合、当事者だけでなく連帯責任として、その日城にいた全員がオオカミに食い殺されてしまう。期限内に鍵が見つからなくても、誰かが願いを叶えても、その時点で城は閉じる。城に入れるのは招待された7人のみで、周囲に第3者がいるときは入れない。なお、この城で過ごす時間は現実世界でも進行しているというのです。

 城内ではゲームをしても、おかしを食べながらお茶会をしてもOK。7人の子どもたちは、互いに同じ境遇とあってか、最初は意思疎通がやっとだったものの、次第に自らのことを語り出し、ときに励まし合う関係となり心を通わせていきます。

 そんな矢先、オオカミさまから告げられた”追加ルール”。かえってそれが結束を強めることになりますが、まだまだ幾多の待ち受ける試練が待ち受けていて……。

 子どもたちは無事に「願いの鍵」を見つけ、誰が何を願うのか? そして、なぜこの7人が招待され期限は3月30日までなのか、そもそもオオカミさまとは何者なのか? すべての謎が明かされたとき、きっと自然と涙がこぼれていることでしょう。

 逃げられない世界で”今”を懸命に生きる子どもたちに、ときには「闘わない」「逃げてもいい」という選択肢、さらには一歩踏み出す勇気と支え合う大切さを教えてくれる本書。今生きる環境に生きにくさを感じる大人たちにも優しく響き、人生の処方箋となりそうです。

■関連記事
【「本屋大賞2018」候補作紹介】『AX』――”恐妻家”の殺し屋と家族の日常が余韻を残す
かつて17歳だったきみに、そして今17歳のきみに 最果タヒ『星か獣になる季節』
ポストトゥルース時代の小説家のデビュー作 新しい純文学の形

BOOKSTANDの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。