体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

HTC、プロ仕様のVRヘッドセット「VIVE Pro」を4月6日、9万4000円で発売

台湾拠点の端末メーカーHTCは、VRヘッドセット「VIVE Pro」を日本国内では4月6日に、9万4000円(税抜き)で発売する。

これに合わせて、従来の「VIVE」は7万7880円(同)から6万4250円(同)に値下げされた。

・ハイレゾ対応

上位機種となるVIVE Proは、あらゆる面で機能グレードアップが図られている。解像度は2880×1600ピクセルと、従来のVIVEに比べピクセル数が78%増加。つまり、よりクリアな映像を楽しむことができる。

また、フィット感にもこだわっている。花びらに着想を得て開発されたノーズパッドは装着する人の顔の形に合わせて調整できるように設計されている。フェイスクッションも改良されて装着感が向上し、かつ光の侵入をシャットアウトする。

また、サウンドもハイレゾ対応となり、音による投入感もたっぷり味わえそうだ。

・ワイヤレスにも対応

開発元によると、VIVE Proは別売のワイヤレスアダプターを使うことで、ケーブルにつながれることなく自由にVRを体験できるようになるとのこと。

期間限定ながら、VIVEPORTの6カ月サブスクリプション権も付いてくる。気になる人はまずはサイトを要チェックだ。

VIVE Pro/HTC

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。