体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

警察の取締りが意外に多い高速の「通行帯違反」

警察の取締りが意外に多い高速の「通行帯違反」

高速道路で気を付けるべき交通違反はスピード違反だけではありません。なかでも、月末や年度末によく取り締まられるのが「通行帯違反」です。高速道路で追い越し車線を最高速度をオーバーしないように走行しても、走り続けていると交通違反となります。年度末に気を付けたい交通違反を見ていきましょう。

追い越し車線を走り続ける通行帯違反

交通違反の取り締まりは、特に厳しくなる時期があります。それが春と秋の全国交通安全運動週間。加えて、目標件数と呼ばれるノルマの締めとなる月末です。同じ月末でも、年末の12月と年度末の3月はさらに注意が必要になります。

目標件数を達成しないと部署の予算を減らされることになるため、特に狙われるのが小さい交通違反。なかでも、月末によく取り締まられる交通違反が「通行帯違反」になります。

高速道路では、追い越し車線を走り続けると通行帯違反になります。また、追い越し車線を使わずに左側の車線から追い越すのも交通違反です。月末や年度末は、こうした交通違反がよく取り締まられます。

高速道路での違反取り締まりベスト3

このため、高速道路などで追い越し車線を走行している時に注意すべきは、スピード違反だけではないということ。追い越し車線をずっと走行していると「通行帯違反」として取り締まりを受けることになります。

このほか、月末によく取り締まられる交通違反は、携帯電話やシートベルトの不備などスピード違反以外の違反ばかり。踏切や一時停止線などで止まらない一時停止無視もよく取り締まられる交通違反です。

実際、高速道路での交通違反取り締まりのベスト3は第1位がダントツでスピード違反ですが、第2位がシートベルト装着義務違反、第3位が通行帯違反となっています。ふだんから交通ルールを順守するだけでなく、月末は小さい交通違反に注意が必要なのでした。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。