体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Google翻訳』アプリの使い方 音声・カメラ・テキスト翻訳の精度も調べてみた

出張や海外旅行の際、頭を悩ませるのが言葉の問題。買い物やホテルのチェックインはもちろん、道を聞くときやトイレを探しているときなど、その土地の言葉は必要不可欠だ。また最近では、国内でも外国人の観光客も増えており、とっさに道を聞かれて冷や汗をかいた人もいるだろう。

単体の翻訳デバイスも発売されているが、価格も高価なものが多く、簡単には購入に踏み切れない。そんなときに頼りになるのが誰でも無料でスマホにインストールできる「Google 翻訳」アプリだ。

カメラ、マイク、キーボード入力で翻訳可能


画像提供:Google

Google 翻訳アプリはGoogleが無料で提供しているアプリ(iOS、Android)で、英語や中国語などの言語だけでなく、タガログ語やスワヒリ語といった言語にも対応している。

翻訳の方法はスタンダードな「テキスト翻訳」のほか、以下のような便利な機能がある。

■カメラを使った翻訳
カメラモード:テキストをカメラで撮影して翻訳
カメラを使ったリアルタイム翻訳:カメラをかざすことでリアルタイムで翻訳
■音声入力する会話モード:スマホのマイクを使って会話をそのまま翻訳
■手書き入力で翻訳:入力方法がわからない言語も手書きで入力して翻訳

気になるのは、翻訳の精度だ。翻訳した言葉がネイティブの外国人に通じなければ意味はない。今回は本アプリを実際に使って、各機能を試してみた。

Google 翻訳の精度を試してみた

アプリを立ち上げるとまず出てくるのが下左の画面。赤い丸で囲んである3つのアイコンが左から「カメラを使った翻訳」「音声入力する会話モード」「手書き入力で翻訳」で、アイコンをタップするとそれぞれの機能を使うことができる。


左/左から「カメラを使った翻訳」「音声入力する会話モード」「手書き入力で翻訳」 右/オフラインでも使用できるようダウンロードできる

これらの機能はオフラインでも使用可能。海外では通信環境の違いなどから気軽に回線を使うことができない可能性もあるので、あらかじめ渡航先の言語をダウンロードしておこう

カメラを使った翻訳

■カメラモードで翻訳

カメラを使った翻訳は2パターンある。まずカメラモードは、翻訳したい文章をカメラで撮影し、指でなぞって指定した部分を翻訳してくれる機能だ。アルバムに保存した画像もテキストをなぞって翻訳できる。

手元にあったauの英語版カタログを翻訳してみた。

カメラで撮影し、翻訳したい範囲をなぞって指定すると……

1 2 3次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。