体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

M!LK佐野勇斗×本郷奏多のW主演! 又吉直樹原作の舞台『凜』実写映画化

M!LK佐野勇斗×本郷奏多のW主演! 又吉直樹原作の舞台『凜』実写映画化

 M!LKのメンバー佐野勇斗と本郷奏多のW主演で、又吉直樹原作『凜』(ヨミ:リン)が実写映画化される。

 2007年12月に神保町花月で公演された舞台作品『凜』は、神隠しの伝説が伝わる村の学校を舞台にした青春群像サスペンスで、今回、又吉は原作のほか脚本監修も担当。監督は『ウロボロス~この愛こそ、正義。』(2015)、『せいせいするほど、愛してる』(2016)、『小さな巨人』(2017)などで演出を手掛けてきた池田克彦。そして、M!LKの佐野勇斗が真面目でどこか達観している現代っ子の高校生・野田耕太を、本郷奏多が不思議な転校生・天童を演じる。

 なお、本映画は吉本興業がTBSテレビと共同で制作。2018年4月19日~22日に沖縄県内各所で開催される【島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭】の[TV DIRECTOR’S MOVIE]部門作品となっており、全国公開に先駆け上映される予定。全国公開は2018年度予定。

◎佐野勇斗-コメント
今回、映画『凜』で野田耕太役を演じさせていただく事になりました佐野勇斗です。
この作品は、芥川賞作家・又吉直樹さんが原作を務められているということですごく楽しみにしていたのですが、台本を読ませていただいて、とてつもなく面白かったです!
まだまだ未熟な僕ですが、事務所の先輩である本郷奏多さんをはじめとする素晴らしいキャストの皆様からたくさんのことを学ばせていただきながら、作品にいい味付けができるよう精一杯演じたいと思います。耕太が、観ていただいた方にとって一番近くに感じていただける登場人物になれるように頑張ります。
公開までお楽しみにしていてください!

◎本郷奏多-コメント
この度、映画『凜』で天童役を演じさせていただく事になりました本郷奏多です。
又吉さんの原作で読んでみたらすごくひき込まれる内容で面白い作品でした。
作品に出演することができて非常に嬉しいです。
天童は、謎が多くひき込まれる役かと思いますので、楽しみにしていてください。

関連記事リンク(外部サイト)

M!LK佐野勇斗の20歳生誕祭(SPゲスト:塩崎太智)! 20年間で1番嬉しかったことは「M!LKに入れたこと」
【M!LK×SWEETS PARADISE】期間限定xコラボカフェオープン!スペシャルイベントにM!LKが登場
M!LK、1stアルバム『王様の牛乳』リリイベファイナル開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。