体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デビュー25周年の斉藤和義、ニューアルバムは「○○禁止」の意欲作!

デビュー25周年の斉藤和義、ニューアルバムは「○○禁止」の意欲作!
J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。3月18日(日)のオンエアでは、ゲストに斉藤和義さんをお迎えし、先日リリースされたニューアルバム「Toys Blood Music」についてお話を伺いました。

■デビュー25周年を迎えて

今年でデビュー25周年を迎える斉藤さん。この25年を振り返って、「サウンド的には、ちょこちょこと変わってきている」と話しました。しかし、一貫して変わらないのは、詞の世界観。

斉藤:やっぱり、どこかしらフィクションでは作れないというところは、ずっと変わらないかもしれないですね。
クリス:実体験というか、自分の中を通らない限りはリアリティがないということかもしれませんね。
斉藤:そうですね。

■アルバムで禁止したものとは?

一方、3月14日(水)にリリースされた「Toys Blood Music」の音に、これまでの斉藤さんのイメージを覆されたと言うクリス。

クリス:斉藤さんのイメージって、けっこうオーガニック、ちょっとアナログな感じがあるんだけど、けっこうデジタルな感じですよね。
斉藤:今回は、昔のドラムマシンとかシンセとかにハマってて、生ドラムとかは、今回は入れちゃダメみたいな気持ちで。「禁止!」と思って。

斉藤さんは、タイトルである「Toys Blood Music」について、昔のドラムマシンならではのヨレや、見た目のおもちゃっぽさ、それでいてアコースティックギターと絡むと絶妙なグルーブを作り出す人間味など、「おもちゃなんだけど血の通っている音、みたいなイメージでつけたタイトル」と、明かしました。

■偶然生まれた音が曲に

レコーディングでは、昔のシンセサイザーやドラムマシンを何台も同期させて制作されたそうで、繋ぎ方を試行錯誤する中で、「変な音が出た!」と、偶然生まれた音から曲ができたと斉藤さんは言います。

斉藤:自分でギターを弾いて作るというスタイルも中にはあるんですけど、機械と作ると偶発性があったりして、そこから膨らんで作っていくっていうのが、楽しくて。今回は全部これでいこうと。

同アルバムは、ギタリスト・真壁陽平さんが1曲、シンガーソングライター・藤原さくらさんがコーラスで2曲参加していますが、それ以外はすべて斉藤さんひとりで、多重録音で制作されたという意欲作です。ぜひチェックしてみてください。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SAISON CARD TOKIO HOT 100」
放送日時:日曜13時−16時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。