体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

全日空向けエアバスA380初号機・最終組み立て工場に主要部品到着

全日空向けエアバスA380初号機・最終組み立て工場に主要部品到着

 2018年3月19日(フランス時間)、エアバスは全日空(ANA)向けA380初号機の主要部品がフランス、トゥールーズにあるエアバスの最終組み立て工場に到着したと発表しました。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 全日空は2016年にA380を3機発注していました。ヨーロッパ各地での工場で機体製造が始まり、こうして初号機の主要部品がいよいよトゥールーズの最終組み立て工場に到着したというわけです。

 巨大なトレーラーに載せられて到着した主要部品は、A380の機体を構成する前部胴体、中央胴体、後部胴体に尾翼部分、そして左右主翼の6パーツ。これらが最終組み立てラインで順次結合され、他の部品や配線、内装工事などを行います。

 全日空向けのA380初号機がラインオフし、引き渡しが行われるのは2019年初めの予定。この初号機には、一般公募で採用された増岡千啓(ますおか・ちひろ)さんのデザインによる「FLYING HONU」と題された、ウミガメ(Honu)の家族をフィーチャーした特別塗装が施され、2019年の春から東京〜ホノルル線へ投入される予定です。

Image:Airbus

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

ロシア非常事態省向け消防飛行艇Be-200ESの4号機が初飛行
サーブの小型早期警戒管制機「グローバルアイ」初飛行
オーストラリア陸軍、新しい偵察戦闘車にラインメタル「ボクサーCRV」を採用

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。