体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICK、アルバム『No.0』がオリコン&ビルボードで2位に!

デビュー30周年イヤー真っ只中のBUCK-TICKが、3月14日にリリースした21thアルバム『No.0』が3月26日付けオリコンアルバム週間ランキング2位、そしてビルボード週間アルバムセールスチャートでも2位の好発進となった。
BUCK-TICK (okmusic UP's)

ニューアルバム『No.0』は不動のメンバーでデビュー30周年を迎えたBUCK-TICKが30年目にして新たな始まりを告げ、自らを更新し、時代に爪痕を残すような作品としてリリースした自身21枚目のオリジナルアルバムとなる。これまでは、1989年リリースのアルバム『TABOO』、1990年リリース『悪の華』、1995年リリース『Six/Nine』がオリコンアルバム週間ランキング1位の獲得となったが、今作は以来23年ぶりのTOP3に入る好チャートとなった。

アルバム『No.0』はCDのみの通常盤の他にMUSIC VIDEOを収録したBlu-ray、DVDを付属した完全生産限定盤ABがあるが、完全生産限定盤CはオリジナルVRビューアーが付属し、MUSIC VIDEOが360度3Dの世界でVRを楽しむことができると言う、新たなメディアにチャレンジ。BUCK-TICKは1987年に当時としては画期的なビデオ作品『バクチク現象(ライブ)at THE LIVE INN』でメジャーデビューし早くから映像作品にこだわってきたが、30年を経てなお、挑戦の姿勢を貫きながら、音楽活動を行っている。

3月31日の神奈川県・よこすか芸術劇場からスタートするツアー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』は、全国26ヶ所28公演を予定、各所でソールドアウトとなる中、東京国際フォーラムホールAでの追加公演も発表。30周年をむかえてなお進化を止めないBUCK-TICKに今後も注目して欲しい。
アルバム『No.0』
2018年3月14日発売

【完全生産限定盤A】(SHM-CD+SHM-CD+Blu-ray)

VIZL-1340/¥5,980+税

【完全生産限定盤B】(SHM-CD+SHM-CD+DVD)

VIZL-1341/¥5,480+税

<収録曲>

■CD

01.零式13型「愛」

02.美醜LOVE

03.GUSTAVE

04.Moon さよならを教えて

05.薔薇色十字団 – Rosen Kreuzer –

06.サロメ – femme fatale –

07.Ophelia

08.光の帝国

09.ノスタルジア – ヰタ メカニカリス –

10.IGNITER

11.BABEL

12.ゲルニカの夜

13.胎内回帰

■Blu-ray/DVD

MV「美醜LOVE」「IGNITER」「Ophelia」収録

◎A・B共通特典

※スペシャルパッケージ仕様

※シングル・アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入(応募締切:3月28日(水)消印有効)

【完全生産限定盤C】(SHM-CD+VRコンテンツ)

VIZL-1342/¥4,480+税

※VRビューアー付

◎C特典

※MV for VR「美醜LOVE」「IGNITER」「Ophelia」収録

(VRコンテンツダウンロード用PINコード封入[ダウンロード開始日:3月14日(水)0:00~])

※本商品は、スマートフォン専用VRコンテンツ商品です。[推奨環境(OS)] iOS8.3以上、Android4.3以上

※オリジナルVRビューアー付属

※スリーブケース仕様

※シングル・アルバムトリプル購入者対象キャンペーン応募ハガキ封入(応募締切:3月28日(水)消印有効)

【通常盤】(SHM-CD)

VICL-70237/¥3,000+税
『BUCK-TICK 2018 Tour No.0』
3月31日(土) 神奈川・よこすか芸術劇場 

4月01日(日) 東京・オリンパスホール八王子

4月07日(土) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール

4月08日(日) 奈良・なら100年会館 大ホール

4月14日(土) 栃木・栃木県総合文化センター メインホール

4月15日(日) 群馬・群馬音楽センター

4月21日(土) 石川・本多の森ホール

4月22日(日) 長野・長野市芸術館 メインホール

5月12日(土) 香川・サンポートホール高松 大ホール

5月13日(日) 高知・高知市文化プラザかるぽーと 大ホール

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。