体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うま味の詰まったピリ辛スープがやみつきになる「鶏南蛮焼定食」

3月19日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、昭和の元気な時代に建てられたレトロなビルの中で、時代を超えて愛され続ける名物料理を特集。その中で、昭和41年に竣工された国際ビル地下1階にある和食店「福津留(フクツル)」(東京都千代田区)が紹介された。

こちらの店で頂ける「鶏南蛮焼定食」(900円/税込)は、サラリーマンから絶大な人気を誇る名物料理だという。
南蛮船をイメージしたアルミホイル製の器に、唐辛子が入った合わせ調味料にたっぷりの玉ねぎ、200グラムの鶏肉を入れ20分程煮込む事で、旨味が凝縮したピリ辛スープが完成する。
リポーターの池田沙絵美さんが一口頂くと「スープの中に鶏のうま味がしっかりと出ていて、玉ねぎの甘みもきいて、じんわりと辛~くなっていきますね。」とコメント。付属している玉子でまろやかさをプラスさせる事もできるが、チーズやカレー粉のトッピングも可能で、さらに辛さをアップすることもできるなど自分好みの味を追及することも出来る。
ということで、辛いものが大好きという池田さんが、3杯の唐辛子と、カレー粉をトッピングした「超辛のカレーチーズ」にチャレンジ。通常に比べ濃度が増し、どろりとしたスープを一口頂いた池田さんは「超辛、最高です。辛さの先は、甘いんですよ。」と大満足の様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:福津留 (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:有楽町・日比谷のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:有楽町・日比谷×居酒屋のお店一覧
うま味の詰まったピリ辛スープがやみつきになる「鶏南蛮焼定食」
居酒屋でいただく新潟県のご当地グルメ

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy