体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ケイティ・ペリー、宿敵テイラー・スウィフトの大ファンにかけた言葉とは?

ケイティ・ペリー、宿敵テイラー・スウィフトの大ファンにかけた言葉とは?

 現地時間2018年3月18日、米オーディション番組『アメリカン・アイドル』の最新回が放映され、審査員の一人であるケイティ・ペリーが犬猿の仲であることが有名なテイラー・スウィフトの大ファンである候補者と顔合わせすることとなった。

TalentRecapによる映像

 審査員の一人のルーク・ブライアンに尊敬するアーティストを問われた候補者は「ケイティには申し訳ないけれど……」と前置きし「テイラー・スウィフトが大好きなんだ」と返答。するとケイティは、「謝る必要はないわ。私も彼女のことをソングライターとして愛してる」とやや言葉を濁しながら伝えた。

 視聴者からは、ソングライターとしてのみ評価している部分に悪意が感じられるなどとの声も上がったが、テイラーについて書かれたとされる「スウィッシュ・スウィッシュ」などをリリースしているケイティにしては控えめな発言だったと言えるだろう。

 ケイティとテイラーの不仲説は、2014年に何人かのダンサーがケイティのツアーに参加するために、テイラーのツアーを去ったことが発端とされており、その後テイラーがリリースした“悪感情、わだかまり”など意味する「バッド・ブラッド」はケイティについてとされている。

◎TalentRecapによる映像
https://twitter.com/TalentRecap/status/975565558593806338

関連記事リンク(外部サイト)

ケイティ・ペリーにファースト・キスを奪われた青年が心境を語る「あれはリップ・コンタクト」
ケイティ・ペリー、『アメリカン・アイドル』候補者の青年のファーストキスを奪う
ケイティ・ペリー、結婚式でブーケをキャッチした直後にとった行動とは?

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy