体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フィフス・ハーモニー、無期限活動休止を表明

フィフス・ハーモニー、無期限活動休止を表明

 2018年3月19日、フィフス・ハーモニー(5H)が無期限の活動休止を表明した。メンバーがそれぞれにソロ活動を追求する為とのことで、SNSに投稿されたメッセージには、「“Xファクター”から始まって以来の6年間を振り返ると、自分たちが歩んで来た長い道のりを実感すると共に、これまで以上にあらゆることに対して感謝の気持ちが湧いてきます」と綴られている。

 声明では更に、支持してくれたファンへの感謝の言葉が述べられており、「6年間全力で止まることなく進み続けた結果、自分たちと皆さんに誠実であり続けるにはソロ活動を追求する為にひとまず5Hの活動を休止し、時間を取る必要があると気付きました」と書かれている。

 2012年に結成された5Hは、オーディション番組『Xファクター』US版シーズン2で5人のメンバーが審査員のサイモン・コーウェルによってグループにまとめられデビューした。2016年12月にカミラ・カベロが脱退した後も、残されたアリー・ブルック・エルナンデス、ノーマニ・コーディ、ダイナ・ジェーンとローレン・ハウレギは活動を続け、新生5Hとして2017年にセルフ・タイトルのニュー・アルバムをリリースしていた。5Hは、「私たちは皆、創造的に成長し、個人としての立場を確保する為に時間を取れることを楽しみにしており、感謝しています。こうすることで私たちはあえて新たな経験、強み、そして視点を得て、いつか5Hファミリーに還元したいと考えています」と説明している。

 活動休止の期限は現時点では明らかにされていないが、少なくとも今年いっぱいまでは公演が予定されている為、グループとして活動を続けるようだ。カミラが脱退した後も通算3枚目となるニュー・アルバムのプロモーションで5Hとしてツアーしていた4人だが、残ったメンバーもソロ名義で作品に参加しており、各自がソロ活動へ意欲があったことは明らかだ。ダイナ・ジェーンはレッドワン(RedOne)、ダディー・ヤンキー、フレンチ・モンタナと「Boom Boom」、ローレン・ハウレギはマリアン・ヒルと「Back to Me」、スティーヴ・アオキと「All Night」、アリー・ブルックはTopicと「Perfect」、そしてノーマニはカリードと「Love Lies」をそれぞれリリースしている。

 先週アジア・ツアーを終えたばかりの5Hは、活動休止を発表する前日にユニバーサル・オーランドでコンサートを開催した。次は5月11日に米フロリダ州ハリウッドのSeminole Hard Rockで公演が予定されており、13日にプエルトリコのサンファン、16日にアイスランドのレイキャビクと続く。

◎フィフス・ハーモニーによる映像
https://twitter.com/FifthHarmony/status/975718651595771904

関連記事リンク(外部サイト)

フロリダ高校乱射、生徒たちがデモ行進へ J・ビーバー/5Hローレンらも賛同を表明
5Hノーマニ&カリード/トロイ・シヴァンらの新曲が映画『Love, Simon』サントラに J・アントノフがプロデュース
フィフス・ハーモニー、ジャパン・ツアー初日の大阪で最強ダイナマイト・パフォーマンスを披露

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。