体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界初DJ / ターンテーブリストだけのフル・オーケストラ演奏動画を公開

世界初DJ / ターンテーブリストだけのフル・オーケストラ演奏動画を公開

Technicsブランドとしてレコード・ターンテーブルの名機「SL-1200」シリーズを展開するパナソニック株式会社が、2018年3月20日(火)、同日が「LPレコードの日」であることに合わせて驚愕の動画を公開。

DJカルチャーの誕生、そしてヒップホップのターンテーブリズムの発明以来、オーディオ機器から楽器としての存在感を音楽文化に示してきた同社の「SL-1200」シリーズと、DJミキサー、そしてアナログ・レコードを操るDJのみを演奏に据えた世界初のフルオーケストラ動画「The Philharmonic Turntable Orchestra」を公開。

若干12歳で2017年『DMC World Championship(世界的なバトルDJの大会)』で優勝した現役日本人王者、DJ Rena(史上最年少世界チャンピオン)、同様に日本人DMCチャンピオンであるDJ Kentaro、DJ Izoh。また海外からそのエクストリームなDJプレイでカルト的な人気を集めるDJ SWAMP、そして伝説的なターンテーブリスト集団インビジブル・スクラッチ・ピクルスのDJ D-stylesやDJ Qbertなどが参加し、総勢30人がさまざまなパートをターンテーブルでこすり出す。

それぞれが高度なテクニックや特技を生かして、ヴィルディの「四季」など、さまざまなクラシック音源を再構築し、3分強のまったく新しいオリジナルの音楽を作り出している。

また特設サイトではTechnicsの機材をモチーフにインターフェースをデザイン。「パフォーマンスムービープレーヤー」として、Start/Stopはもちろん、 ボリュームメーター、レベルやピッチフェーダーなどが実装されています。ミキサー・パートでは、ミキサーやキューボタン、ピッチフェーダーを使ってDJたちのパフォーマンスをユーザーがアレンジしながら楽しむことができるようになっています。
(河村)

・「The Philharmonic Turntable Orchestra」特設サイト
http://phil.technics.com

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。